カスパロフ一覧

NO IMAGE

専門的な知識・経験と無知の知

分かったふりをしている人よりも、自らの無知を自覚し、 知を愛し求め続ける者こそが、本当に知恵のある人間。 ソクラテスの「無知の知」を簡潔に言うとこんなところか。 でもユリウス・カエサルも指摘するとおり、 「人間ならば誰にでも現実のすべてが...

NO IMAGE

論理より直感を信じているから(偉人の名言集)

今日真実であることは、明日も真実であると信じたくなるもの。人の脳が規則性を望んでいるから、論理的思考がもてはやされたりする。でもね、私たちの住むこの世界は、デコボコで不確実性に富んでいるよね。過去の出来事に対して、後付けの論理的解釈をつけて...

NO IMAGE

ちょっと遠い未来を見つめたい

「私は走りながら考える人間なんだー!」と主張してるけど(→関連記事)、その一方で、今日明日といった近未来のために考えるのはキライかも。何かを考えたり、調べたりするときは、歴史的・文化的な背景を大切にして、少し遠い未来に関するヒントが得られな...

NO IMAGE

日本の対応はこれでいいのかな…

年初に想定していた以上に、日本に空前のチャンスが来ている。「均衡の崩れた局面では、最初に決定的な行動をする側が、結局、歴史書を書く側となる。」--ガルリ・カスパロフ「決定力を鍛える」P376まずは政府の「自己株取得に係る市場規制の緩和」。そ...

NO IMAGE

勝負師に学ぶ精神面の重要性

またまた最近お気に入りの吉田兼好「徒然草」から出発。徒然草・第110段 双六の上手といひし人に、その手立てを問ひ侍りしかば、「勝たむと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手かとく負けぬべきと案じて、その手を使はずして、一目なりとも遅...

NO IMAGE

日本はこのチャンスを生かせるか?

あまり実感はないけど、世界経済は危機的状況らしい。 たしかにアメリカ・ヨーロッパはサブプライムで傷つき元気がない。 先進国の中でも傷の浅い日本にチャンスが巡ってきてるような??  歴史の流れを作るのは運命ではなく、リスクのある決断を下して相...

NO IMAGE

未知の分野に直感は働かない

サッカーとお金の運用を中心に、周辺分野に至るまで追究してるからか、 初めての分野でもなんとなく先が読めたりして、調子に乗っていた。 でも最近、本当に未知の分野に出会って、あまりの訳分からなさに大混乱。 ガルリ・カスパロフ「決定力を鍛える」P...