「本日のスープ」ガイド・巻2/12~17皿目

11皿目までは前回まとめたとおり。→詳細はこちら
12皿目からは「投資信託」についての議論がはじまっている。
投資信託を取り巻く環境は芳しくなくその責任は誰にあるのか?

  • 運用会社のマーケティングの能力不足(まろ・12皿目
  • 販売会社の顧客への説明不足(m@・13皿目
  • 個人投資家の投資への理解不足(renny・14皿目

とすべての関係者の姿勢に問題があることが指摘される。
銀行の投信窓口販売が解禁されたことで身近になる一方、節操のない商売に巻き込まれる可能性が高くなった。だから誰もが自己防衛のために受け身ではなく、前のめりで投資と関わっていくべきなのだろう。

そして14皿目がこの企画のタイトル「本日のスープ」に合わせて食文化をテーマに語られたことで、「食」に例えて投資信託を取り巻く状況の問題点が指摘された。

  • 個人投資家の支持が食文化でいうところのファーストフードであるインデックスファンドに偏りが見られ(まろ・15皿目)、
  • それは今は投資信託選びにおいて、自分と価値観の合う、美味しいお店を探そうとしても情報がない状況だから(m@・16皿目

これらの問題を解決する新たなイベントデザインとして、

  • いでよ、アイアンシェフ!(renny・17皿目

「料理の鉄人」に倣って、ファンドマネージャーのプレゼン対決を行い、個人投資家や有識者が優劣をつける。これはおもしろそう。でも出演者がプロ意識の高い独立系投信会社に偏らないよう、うまくデザインしないとね。

18皿目からは、なんとなく私からm@さん、rennyさんに質問する形になり継続中。

  • 何がきっかけで投資をはじめたのですか?
  • どんな形で投資信託と出会ったのですか?

との18皿目(まろ)での問いに、19皿目(m@)、20皿目(renny)。

  • 投資信託に期待する役割
  • これから投資をはじめる方へ伝えたいこと

との21皿目(まろ)での問いに、22皿目(m@)、23皿目(renny)。
次回も質問したいことがあるので、このあたりが落ち着いたら、またガイドを編集するね。
では引き続きこの企画をお楽しみください。