読書に救われたカネの亡者

デイトレーダーから個別株投資家へ。
チャートだけから経済・会計を学んで知的好奇心が増した、
と主張したところで、根本的には株価が上がるかどうか。

だから22歳から株式投資をはじめて、
20代のうちは人一倍お金への執着が強かったと言える。
だからこそ同じ価値観の人を引き寄せてしまったわけで。
前回の事件も今では笑いのネタと使っているけど、
結婚できなかった原因のひとつとして反省してるよ(苦笑)

そして考え方が大きく変わったのが2008年。
30歳になった直後に読んだ、

キレイごとではなく、こんな素敵な会社があるのだから、
株主として誇れる会社に投資したいと考えるようになった。

そして2008年秋にリーマン・ショックで株式が割安になるなか、
クリスマス・イヴに投資したのが"Johnson & Johnson"。
有名な経営理念"Our Credo"の原型ができたのが、
世界恐慌の頃(1935年)っていうのに親近感がわいたから。
(当時は100年に1度の金融危機と言われていた)

またこの年のお盆休みに手にとったのが「徒然草」。
まさに生き方の指針となるような1冊との出会いだった。
以後、古典を読み進めることで心を洗い、
投資リターンは人生のオマケ」と割り切るまでになった。

私の人生は読書に救われたと言えるだろうね。>>>つづく