「経済」“economy”の語源に学ぶ

この記事は約2分で読めます。

経済の本質ってなんだろう?と疑問が生じたとき、
語源に戻ってみると、おもしろいかもしれない。

経済」という言葉は「経世済民」の省略語で、
「経世」は荘子、「済民」は書経からとられたものだった。

春秋の経世、先王の志は、聖人は議するも弁ぜず。(荘子・斉物論篇)

これなんじ有神、ねがはくは克く予を相けて、以て兆民を済ひ神の羞を作す無らんことを。(書経・武成篇)

「経」は「おさめる」、「済」は「すくう」と解釈され、
経済の語源である経世済民は「国を治め、民を救う」ことを指していた。

また英語の”economy“の語源は、古代ギリシアの”oikonomia“。

そして”oikonomia”(オイコノミア)は、

  • 「家」を意味する”oikos”(オイコス)
  • 「規則・規範」を意味する”nomos”

の合成語。
つまり「家計管理」や「財産管理」といった意味合いになる。

ちなみに”oikos”(オイコス)の位置づけを、
“kosmos”(コスモス)と”chaos”(カオス)の間と捉えるなら、
“oikonomia”(オイコノミア)は、秩序と無秩序の間で、
地に足を付けようと、もがいている姿を表していると言えるだろうか。

今では経済と言えば、主に「お金の流れ」を表す言葉だが、
語源をたどると本来は「人」が主体だったことがよく分かる。

オマケで“company”(会社)は、ラテン語で、
「com(共に)」、「panis(パンを食べる)」、「y(仲間)」。
パンをみんなで分け合って食べる場」が“company”なのである。

近年、投資家が投資先企業で働く人たちにも目を向け始めているが、
忘れていた本質を取り戻そうとする動きなのかもしれないね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました