食文化と美食探訪

食文化と美食探訪

清少納言も食べた「かき氷」

無類の「かき氷」好きの妻に連れられて、 11月にもかかわらず谷中の「ひみつ堂」を訪問。 この店のかき氷は日光三ツ星氷室の天然氷で作っている。 人口の氷池に天然水を引き込み自然に氷らせ、 手作業でゴミやホコリを取り除きながら作り上げる...
食文化と美食探訪

買ってよかった料理本ベスト3

努力と成果が正比例する料理の世界。 高校の期末テスト以来の快感にすっかりはまり、 週に3回はだしをひいて料理をする気合いの入れよう。 興味を持つと振り切れてしまう体質がここでも勃発! レシピ本を読みあさり、実践する日々の中で、 こ...
NO IMAGE 日本の神様と昔話

おむすび文化論。「おにぎらず」では霊力が足りない!

かつて米粒には稲の霊力(稲魂)が宿ると信じられていた。 そんな米粒を凝縮した餅や酒は霊力が宿る特別な食べ物。 たとえば正月は「歳神(年神)」を迎え入れるための行事。 やってきた歳神が御魂(その年の命)を配ることにより、 人は1歳年をとり、1...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

料理で悟りを開く? 人生最高の知的格闘に挑む!

料理を習い始めた去年の11月から約10ヶ月。 8月から家でも本格的に料理を作りはじめた。 ごくごく当たり前のことだけど、 手間をかけた分だけ、美味しい仕上がりになる! ことにとても感銘を受けている。 努力と成果は正比例という考えが通用する世...
食文化と美食探訪

ホテルニューグランド初代総料理長、サリー・ワイル。

氷川丸から陸側に向かって視線を向けた先には、 日本の食文化を語る上で欠かせないホテルがある。 ホテルニューグランド。 関東大震災で壊滅的な打撃を受けた横浜市。 その復興のシンボルとして、1927年に現在の地に開業。 そして総料...
食文化と美食探訪

科学的に正しいだしのひき方

興味を持ったら、とことん突き詰める。 それが私の生き方。 でも今さら料理の腕を極めることは難しい。 そこで着目したのは料理の科学だ。 料理がサルをヒトにした/スザーナ・エルクラーノ=アウゼル 香りが味わいを決める!?/美味し...
食文化と美食探訪

航路が決めた、関西の昆布だし、関東の鰹だし。

そばやうどんのだし汁の地域差と言えば、 関西はこんぶ、関東はかつお節という話になる。 東京に老舗のかつお節専門店はあるけど、こんぶは見当たらない。 そういえば大阪「こんぶ土居」の「十倍だし」を探しているのだけど、 東京のデパ地下では...
食文化と美食探訪

「辻留」辻義一が語る魯山人の美食

近く赤坂の「辻留」へご飯食べに行くので、 ご主人の辻義一氏の著書を読みあさっている。 20代の頃、北大路魯山人のもとで修行をしていて、 そのとき心に響いたという魯山人の言葉が興味深い。 ※「魯山人と辻留 器にこだわる」より 芸...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

自分で鰹節を削ると、味噌汁が味わい深い。

鰹節を削ってみたい!って夢が実現。 削り器はあったけど、鰹節本体を見つけるのに苦労した。 全然キレイに削れず、これじゃ魯山人に怒られちゃう。 「どんなふうに削ったのがいいだしになるかというと、削ったかつおぶしがまるで雁皮紙のごとく薄く、...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

玉子焼きをつくり、卵料理の歴史も調べた。

玉子焼き器を買って、玉子焼きを作った。 思いがけずキレイにできて、もしかして才能あり? 調べてみると卵料理の歴史は意外と浅い。 これには仏教の教えが影響しているのだろう。 奈良時代の仏教説話を集めた「日本霊異記」において、 「現世で鳥の卵...
お薦めの本

読んだ本と振り返る2014年/日本料理を楽しむ♪

世の中のことをもっと知りたい! 株式投資と出会ったことで開いた知的冒険への扉。 「投資」を過激に追求したら(なぜか大学院にまで突入)、 もうひとつの中心テーマ「日本」が現れてくる。 関心事の広がりを図解するとこんな感じだ。 ...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

漆器と日本料理の美味しい歴史

料亭でご飯を食べると、お造りかお碗が2番目に登場する。 どちらも繊細な味だから献立の最初の方で、という習わし。 美味しいだしを探求する私はもちろんお碗が好き。 でも「だし」がメインの料理の名前がなぜ「お椀」? そんな疑問を思うがまま...
食文化と美食探訪

ふぐを恐れる芭蕉。その美味を堪能する一茶。

明日から12月。 やっぱりこの時期は「ふぐ」かな。 本場の下関や北九州あたりでは、 「ふぐ」と濁らず「ふく」と呼ぶのだとか。 毒を持った魚が「福」を呼ぶって感じがいいね。 ※近年は天然ふぐの漁獲量トップは
食文化と美食探訪

美味しい昆布だしを求めて、昆布の産地を学ぶ。

美味しい「だし」を求めて研究中。 これまではスーパーでなんとなく手にとった、 「日高昆布」で昆布だしを引いていた。 でも日高昆布は煮物や昆布巻きが適していて、 だしよりも野菜感覚で食べる昆布のようだ。 ちなみに日本の昆布の95%は...
食文化と美食探訪

シイタケだしの歴史/道元「典座教訓」

「食禅(じきぜん)」なるイベントに招待され、 講師が曹洞宗の禅僧ならば予習にこれを再読だ! 鎌倉時代に曹洞宗の祖、道元が書いた「典座教訓」。 典座(てんぞ)とは、禅寺の料理係の役職のこと。 読んでいたら「シイタケだし」の話に気がつい...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

魯山人に学ぶ料理の心得

自分でも料理を始めたのをきっかけに、 真の美食家、北大路魯山人の著書を再読中。 魯山人の料理への想いが色濃く表れた 星岡茶寮の料理人を募集する広告の一節。 「応募の資格。日本料理と限らず、美的趣味を持っている人。絵画、彫刻、建築...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

魯山人になる!計画スタート♪

美味しいものを食べている時が一番幸せ! 人は1日3回、幸せになるチャンスがある! 味が美しいのは、なんといっても和食だ! 先月中旬に菊の井でご飯を食べた勢いそのままに、 翌週には、かなり本格的な料理教室へ入会申込み。 今週、中学の家庭科以来...
NO IMAGE 万葉集

絶滅危機のうなぎ。万葉以来の食文化が消える?!

ニホンウナギが絶滅危惧種となり、うな重の消滅へまっしぐら。 なぜこんなことになってしまったのか? 塚本勝巳「ニホンウナギとともに生きる」 リンク先は昨年開催されたシンポジウムの講演動画。 ウナギ絶滅の原因は私たち日本人の食べ方にある。...
万葉集

秋の味覚「きのこ」の日本文化史

日本でマツタケが食べられるようになったのは、 以下のような経緯があると田家康氏は説明する。 東大寺建立には7万本のスギ・ヒノキが使われたように、 木造建築のための大規模な森林伐採 スギ・ヒノキ林の後にアカマツ林が形成 マツ...
食文化と美食探訪

香りが味わいを決める!?/美味しさの脳科学

秋の味覚といえばやっぱり松茸! 松茸にまつわる日本史については以前紹介した通り。 松茸文化は飛鳥・奈良時代の森林破壊の恩恵?! 今日はそんな松茸がなぜ最高峰の食材なのか? 脳科学からそれを読み解いた一冊が、 ゴードン・M...