投資や経済の話題

社会的投資

日本サステナブル投資白書2017の執筆を担当

私が運営を請け負っているNPOの「日本サステナブル投資フォーラム」で、 2年に1度、国内の状況を報告する冊子を発行しており、今週、最新版ができあがった。 私は本来、編集長的な役回りで執筆は担当しないのだが、 個人投資家向けの金融商品の...
食文化と美食探訪

味の素をめぐるESG投資と魯山人の言葉

自己流ESG投資で味の素を選んだが… 私が自身の株式投資にESGを組み込んでみようと思ったのは、 2009年末にブルームバーグのセミナーに参加したのがきっかけ。 BloombergのESGデータが凄すぎる!(2009/12/22)...
社会的投資

鎌倉投信「結い2101」とESG投資

前回の記事で世間でESG投資が騒がれる以前から、鎌倉投信が「人・共生・匠」をテーマに独自の視点で、「サスティナブル投資」に取り組んでいることを紹介した。そういえば2017年秋に鎌田社長がメルマガでこんな連載をしていた。「結い 2101」とE...
NO IMAGE 投信ビジネスの闇と再生への道

一般市民がお金の流れを変えるためにできること

ダイベストメント。 最近インベストメントの反対語として使われることが多い。 社会にとってよろしくない企業の株式を手放すこと等を指す。 たとえばノルウェーの年金基金が、 石炭火力発電関連の企業から投資資金を引き上げた例がある。 機関...
NO IMAGE 電子出版・著作集

古典に学ぶ投資の心得

久しぶりに本を書いてみた。 といってもブログに書きためてきた記事を編集し直しただけど。 今年で古典を読み漁り始めてちょうど10年になる。 投資に結びつけてまとめてみようと試みたけど、 本の形にしてみると、1万字程度の小冊子にしか...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

「積立」×「投資」の相性はいかに?/本日のスープ95皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 前回、rennyさんが長く愛されるファンドを育てる上で運用報告会の開催が大事なのではないかと提案されていました。「運用報告会」で長く愛...
投資や経済の話題

持ち家神話は死なず。拡大を続ける住宅ローン。

日銀の統計データで遊んでいて驚いたこと。 バブル崩壊後の1990年代に持ち家神話が薄らぎ、 21世紀に入って以降は終身雇用の制度が消えていったことで、 個人向けの住宅ローンの貸出額は横ばいか減っているイメージだった。 毎年の新規貸出...
IR情報等から企業を見る

CSR関係者に高評価のリコー。でも企業としての先行きは?

最近はESG投資という言葉が一般的になっているので、 投資家が投資の意思決定の際に、 E(環境)、S(社会)、G(ガバナンス) の要素を考慮するのが当たり前になってきた。 ※長期投資で無意識にやっていた話が顕在化しただけかもしれない...
NO IMAGE 投信ビジネスの闇と再生への道

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year への提言

2017年で11回目となった「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」。 私は個別株の投資家なので2015年の例外を除いて投票はしていないが、 ここ数年は1月の表彰式当日にお手伝いとして参加している。 投資家のブロガーの...
投資哲学を求めて

配当重視の投資に転向して約10年。今のところ順調。

2000年4月に株式投資をはじめて約17年。 昨年2017年末までに株式配当と債券利子が累計で1,000万円を超えた。 以前も書いたとおり、 運用が長期に渡ると、配当は人生設計の一部になる(14/04/12) 私は給与収入よりも配当...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

「本日のスープ」ガイド・巻12/85~91皿目

m@さん、rennyさんとのリレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」の高速ガイド。 今日は85皿目から91皿目までを編集しよう。 「本日のスープ」ガイド・1~11皿目 「本日のスープ」ガイド・巻2/12~17皿目...
NO IMAGE 投資や経済の話題

個人投資家としての2017年

不吉の年のジンクスが終わる私が生まれて以降の末尾が「7」の年は、1987年 ブラックマンデー 1997年 アジア通貨危機2007年 サブプライムローン問題と金融市場に混乱をもたらす不吉の「7」だったが、今年2017年は何事もなく終わろうと...
投資や経済の話題

金融機関から親の資産をどう守るか?

1970~80年代生まれの親の世代は、 勤めた企業から多額の退職金をもらえた最後の世代だろう。 それゆえにそのお金を金融機関が虎視眈々と狙っている。 今は日米ともに株価が高値更新中のニュースが賑わい欲が出やすい。 そして投資に関する...
NO IMAGE 投信ビジネスの闇と再生への道

義母が仕組債を買わされた。西日本シティTT証券がヒドい!

義母がふたたび金融機関のカモにされてしまった! 今年の春にゆうちょ銀行にカモられた話を紹介したが、 ゆうちょ銀行の窓口で投資信託を買ってはいけない(17/04/22) 今回は訴訟例も数多い悪質な金融商品販売に巻き込まれた。 銀行窓口...
ビジネスの勘所

料理に込めた想いの伝え方。西麻布「Takumi」のアイデアが素晴らしい!

今年2月にオープンのフレンチ「Takumi」。 29歳のシェフ、大槻卓伺さんのアイデアに感銘を受けた。 お店のコンセプトは、 組み合わせの妙を正確に理解し、楽しめるレストラン 料理が運ばれてくる前に、その一皿の説明書とともに、 料...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

投資テーマと投資先の見直し作業

リーマンショック後や東日本大震災後に投資した企業には、とくに美意識や哲学なしに、とにかく割安だから飛びついたものがある。 今ならどれを手放しても株価が倍以上になっている良い機会なので、簡単に投資テーマごとに区分けして、説明できないものは処...
NO IMAGE 社会や政治の問題など

希望の党の失速がもたらした未来への希望

10月24日まで続いた日経平均連騰の最長記録は16営業日でストップした。 これほど連騰が続いた要因を考えることは後知恵にすぎないが、22日投票の衆議院選に向けての「希望の党」の失速が背景にあるのではと。 1989年にはじまった平成時代に...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

投資信託の顔が再び見えてきた/本日のスープ92皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 rennyさんが投資信託を使った分散投資を始める前に読んだ本に「バフェット型」、「バンガード型」という形で投資信託を紹介していたと前回...
NO IMAGE 投資や経済の話題

日本人の貯蓄好きは文化ではなく遺伝子によるものか?

以前「本日のスープ」の連載45皿目で、日本に投資を文化として根付かせるために何が必要か考えるなかで、 「文化史の観点から見ると、日本には投資も貯蓄も文化として存在しているが、今がたまたま貯蓄の意識が高めに出てきている時代、という認識を...
IR情報等から企業を見る

スパークス・グループの事業と社会性の両立

先日、スパークスさんにお話しを伺いに行った。 スパークスamが今春、帝国繊維につきつけたガバナンス改善の要求のような、スチュワードシップ・コードに基づく「目的を持った対話(エンゲージメント)」に関心を持ち、他の事例について教えていただくの...