投資の賢人に学ぶ

投資の賢人に学ぶ

ユージン・ファーマのブログがあった

ユージン・ファーマといえば効率的市場仮説(Efficient Market Hypothesis)。効率的市場仮説は、20世紀前半にルイ・バシュリエって数学者が、「投機家の数学的期待値はゼロである。明...
投資の賢人に学ぶ

マンデルブロ「禁断の金融10ヵ条」

ナシーム・ニコラス・タレブ「ブラック・スワン」を読むと、 カール・ポパーとマンデルブロの2人が特に気になって調べたくなる。 哲学者ポパーの方は、今のところかなりメダパニ(混乱)。 マンデルブロは...
投資の賢人に学ぶ

カール・ポパーが重要みたいだけど難しい…

ジョージ・ソロス氏や「ブラック・スワン」のタレブ氏の著書に必ず登場する、20世紀の哲学者、カール・ライムント・ポパー。で、どんな人か知りたくなって、「哲学と現実世界-カール・ポパー入門」って本を読んで...
投資の賢人に学ぶ

バフェットの「4E」

学校でボーグルさんの講演ビデオ見てきたけど、英語でほとんど分からず…(笑)でも、なぜか聞き取れた「バフェットの4E」の一節。"Enemies of Equity investors are ...
投資の賢人に学ぶ

20年間で学んだ10の投資指針 by リチャード・バーンスタイン

今朝の日経新聞に「米メリルリンチで長年ストラテジストを務めたリチャード・バーンスタイン氏が退社に当たって書いた「二十年間で学んだ十の投資指針」と題するリポートが話題になっている。」と記事があり、10個...
バフェットからの手紙

出口戦略がないから迷うのか?

買ったばかりの企業の株価が急騰すると、売った方がいいのか迷いが生じる。はっきりした出口戦略みたいのがないから迷っちゃうのかな?と悩んでしまう。今のうちにせっせっと買いだめしておけば、大学院の学費くらい...
投資の賢人に学ぶ

バフェットさん、株主の質問内容に怒った?

2008年度版のバフェットからの手紙。私がまず注目したのは最終ページ。今年からは株主総会で、株主からの質問受付の方法を変えるよ、と宣言した部分。 "This year we will be ...
投資の賢人に学ぶ

東証時価総額とGNIの比較

"Buffett's metric says it's time to buy" (Fortune)のバフェットさんの言葉。"If the percentage rela...
バフェットからの手紙

オーナー不在。株主利益は守られるのか?

"We really don't see many fundamental differences between the purchase of a controlled business and ...
投資の賢人に学ぶ

1964~1981年って世界で何が起こってたのかな

The Snowball読んで調べようと思って忘れてたこと。1999年7月にバフェットさんが講演で、1964年末と1981年末のダウ平均を示して、※1964年874.12ドル、1981年875.00ド...
投資の賢人に学ぶ

世界の株式市場の総損失=サブプライム×10

英語の勉強も兼ねて、ジェレミー・シーゲル教授のコラム読んでみた。"Why Stocks Are Dirt Cheap"(08/11/03)なんか"dirt"て単...
投資の賢人に学ぶ

The Snowball 読書メモ

先日、ニューヨークタイムズにバフェットさんのコラムが掲載されたのを機に、なんだか我慢できなくなって買ってしまった1000ページの巨大洋書"The Snowball: Warren Buffe...
投資の賢人に学ぶ

変わらない考え方と変わったもの

なんとなく読み返したくなった英文をズラズラ並べてみる。ジョン・ボーグル"In the long run, investing is not about markets at all. Inv...
投資の賢人に学ぶ

The Snowball: Warren Buffett and the Business of Life

日本橋高島屋の向かいの丸善でなんじゃこりゃ?という洋書と出会う。"The Snowball: Warren Buffett and the Business of Life"そうい...
投資の賢人に学ぶ

グレアムの割安基準と安全性基準

とても反省していること。私の中でのベンジャミン・グレアムに対する評価。そこまで安全性を追求したら買える株がない。現代にそのまま適用できない。そんな印象を持っていたが、はっきりと負けを認める。今なら十分...
投資の賢人に学ぶ

バフェットさん、寄付もやっぱり…

先週末のアメリカ市場、バークシャー・ハサウェイ株が1日で14.83%も値上がり。はて、なんか発表があったのかな?とホームページ見ても、特に情報なし。でもせっかくページ開いたから、英語の勉強にこれでも読...
投資の賢人に学ぶ

アダム・スミスの「神の見えざる手」って、どこに神がいるの?

図書館で井手正介「不均衡発展の60年」って本を借りて読んでたら、アダム・スミス「国富論」の「神の見えざる手」の原文に再会した。この機会に手で打ってみながら、ちゃんと読んでみようと思った。"E...
投資の賢人に学ぶ

インフレはどうやって投資家をだますか by バフェット

約1ヶ月前にこの記事を書いたところ、翻訳してくれた方が現れました。ありがたく読ませていただきましょう。→Blog:一枚の株券の向こうに1977年5月にバフェットさんがFortune誌に寄せた記事、&q...
バフェットからの手紙

企業の不祥事に巻き込まれないために・その2

昨日の続き。3つのポイントにバフェットさんの言葉を引用しつつ、コメントを付けてみた。1.欲張らないことライブドアで損をした投資家のほとんどは、株価の値動きの激しさから、短期間で儲けられそう、って短期の...
バフェットからの手紙

マーケットは frequently efficient [1988年の手紙]

バフェットからの手紙の翻訳本をなんとなく開いてみて気になったP130。この部分って一度原文を見ておいた方がいいような気がした。1988年の手紙、Efficient Market Theory の見出し...
タイトルとURLをコピーしました