菅原道真

NO IMAGE 万葉集

紅葉の語源/百人一首24「紅葉の錦 神のまにまに」

かつて日本人は無文字社会からの移行期の万葉仮名の時代、 木の葉が色を変えることを「モミツ(毛美都)」と呼んでいた。 それが「モミチ(毛美知)」と名詞化し、万葉集の時代になると、 「黄葉」を「モミチ」や「モミチバ」と読むようになっていっ...
NO IMAGE 日本の美意識

菅原道真の梅は飛び、桜は飛ばず?

和歌に詠われる春の花が梅から桜へ移る頃に、 梅を愛した菅原道真が政争に敗れ、都落ちをする。 菅原道真/梅が桜に変わる頃に 屋敷内の梅の木との別れを惜しんで詠んだ歌は、 後に主人を慕って梅の木が太宰府まで飛んでくる! という飛梅伝説ととも...
NO IMAGE 日本の美意識

菅原道真/梅が桜に変わる頃に

古代の日本で「春の花」と言えば「梅」だった。 いつごろ日本の関心が梅から桜へ移っていったのか。 和歌の世界では8世紀中頃の万葉集では桜より梅の歌が多く、 古今和歌集(905年)になると春の主役は桜に変わっている。 また今も変わらず京...
NO IMAGE 日本の歴史と文化

菅原道真の和歌漢訳/グローバル化の日本史・2

当時の状況(無文字社会・人口構成)から考えると、 漢字と出会った日本人の行動が不思議、というのが前回の話。 漢字に独自の編集が加えられて誕生した「万葉仮名」をもとに、 平安時代には「仮名文字」へと変化していった。 平仮名…万葉仮...