Calie(キャリエ)が突然の閉店。高木和也シェフの再起を願う!→復活!

今年の美食探訪を総括する際に紹介しようと思っていた
お気に入りの店「Calie(キャリエ)」が11月20日に突然の閉店。

今年初めに存在を知って以来、ほかの店でフレンチを食べると、
やっぱりキャリエの割安感は半端ではない!と感じることがたびたび。

そろそろ予約が取れにくくなるだろうなと思っていた矢先の出来事だった。

閉店と知って値段設定を安くしすぎて潰れちゃったのかな?
と真っ先に思ったがそういう話でもないらしい。

なんでもシェフも突然お店に入れなくなってしまったようで、
フェイスブックにこんなメッセージが掲載されていた。

こんなことが起こるものなのかと驚いた。
料理人も組む相手を間違えると腕が良くてもこんなことに…。

高木シェフの美味しい料理をまた食べたい!
マイクロ投資やクラウドファンディングに出てきたら応援したい!


追伸(2018年3月31日)

フレンチレストラン&ワインバー レヴォル」という店名で3月21日に復活!。
表参道アップルストア横の細道に入り、まい泉を通り過ぎ、赤寶亭の斜め向かい。

さっそくランチにお邪魔して、変わらずお得感が嬉しいフレンチを堪能した。

店名の「レヴォル」の由来は「レヴォリューション」からとったもので、
1人で調理していたキャリエ時代とは異なり、2名の調理スタッフの助けを得ることで、
料理や食材をより深く探求し、進化を目指したいとのこと。

コメント