投資家へ贈る徒然草110段

最近ずいぶんと好調な日本株について今後の見通し等を尋ねられた。
残念ながら私には未来予測の能力は搭載されていない。

ただ今のような環境下での心構えであれば、古典にいくらでも書いてある。
ここでは「徒然草」から双六名人の勝負の秘訣を紹介する。

勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手か、疾く負けぬべきと案じて、その手を使はずして、一目なりとも、おそく負くべき手につくべし。」(110段)

双六の必勝法は「勝とうとせず、負けないように打つこと」。

勝ち急げば足下をすくわれるというのは勝負事につきもの。
たとえばサッカーでも試合を有利に進めているうちに気が緩み、
カウンター一発に沈められるというのはよくある展開。

勝負事で攻撃的に美しく勝ち続けるのは難しい。
プラスの手を積み重ねていくと、どこかでそれが飽和状態になり、
マイナスの手しか選択肢がなくなっていく。
そこからは双六の名人が言うように、一手でも遅く負ける、
よりマイナス幅の少ない手を探っていくことになる。

証券市場に参加する投資家間で勝ち負けがはっきり分かれるのは、
今のような誰もが投資の天才を名乗れる上昇相場ではなく、
金融危機のような暴落時であることをお忘れなきよう。