食べログの信頼度は地域によって差があるようだ

今秋の京都旅は「食」がメインテーマだったと言える。
食べログを参考にしながら予約した下記3店で懐石料理をいただいた。

  1. 食べログ【3.90】…惜しまれながら閉店した名割烹の系譜を継ぐ店
  2. 食べログ【4.01】…地元の人が通い詰める予約困難な店
  3. 食べログ【4.69】…京都で食べログNo.1の店

1番目の店は旅先でわざわざ足を運ぶほどでもなく、
東京で赤坂の菊乃井や表参道の太月で食べた方が美味しくてお得。

3番目の店はここでしか食べることができない料理。
そばに住んでいたら季節ごとに訪れてみたい名店だった。

2番目の店は抜群に美味しくて旅の最高の思い出となった。
というよりも今までで一番美味しい料理だった。
予約は基本的に半年以上先でないと無理だが、
それに合わせて旅の予定を立てる価値のある店。
(今回はなぜか2ヶ月前に電話して予約できて超幸運)

食が縁の結婚をしてから約2年。
数えてみれば外食の回数は100に近づこうとしている。
都心で食べているかぎり、食べログの評価は非常に納得がいくものだ。
でも旅に出ると評価が低すぎないか?と疑問に思うことがある。

今年前半に奈良で感動した蕎麦「」は、

食べログで4点を下回るなんてありえない!

福岡小倉で食べた鰻「田舎庵小倉本店」についてもしかり。
鰻の焼き方に好みが分かれるかもしれないが、
表面カリカリでなかふわふわの食感は東京では出会えない。

ちなみに福岡出身の妻によると、
福岡では食べログ以前より信頼できるグルメ情報が充実しており、
参考にする人はもちろん積極的に書き込む人が少ないのだという。

クチコミ情報の信用度には地域差があるということか。

ちなみに自分が予約できなくなったら嫌なので教えたくないが、
上記の京都で出会った素晴らしい店は「京天神 野口」だ。