専門用語の多い文章や会話には将来性がない。

ある分野に関して問題意識を持ったので、
省庁主催の会合や関連団体のセミナーに参加してみたが、
自分の勉強不足なのか何を話しているのかさっぱり分からない。
というような相談を受けることがなぜか多い。

この手の主な原因は不必要に専門用語が飛び交っていること。
新たに興味を持つ人に対して壁を作っているようなものだから、
仲良し倶楽部のまま広がらない活動として捨ててしまえばいい。

同様の問題を扱った論文があり、2006年にイグノーベル賞を受賞。

ありふれた言葉で表現できるのに、専門用語を使ってしまうと、
知性が乏しく、信憑性が低いとみなされることを示した論文だ。

本当に魅力的な分野は門外漢でもスッと頭に入ってくる。
たとえば去年これは絶対、私には分からないだろうと思って参加した
素粒子ミューオンの国際シンポジウムは面白くてビックリした。

ひとつの場所にとどまって、なぜ自分には分からないんだ!と悩むより、
さっさと見切りをつけて新たなものを探すことをオススメしたい。