新古今和歌集の七夕の和歌が涼しげ。でも当時の気候と合わない?

旧暦の7月7日は今の暦では8月頃に該当する。
よって立秋後ということで七夕は秋の行事とされる。

鎌倉時代初期の1216年に成立した新古今和歌集には、
下記のような涼しげな七夕の和歌が並んでいるが…

七夕の 天の羽衣 うち重ね 
寝る夜涼しき 秋風ぞ吹く

ながむれば 衣手涼し 久方の 
天の河原の 秋の夕暮れ

星合の 夕べ涼しき 天の川 
もみぢの橋を 渡る秋風

でも西暦1000~1200年の地球は温暖期にあたり、
今と変わらないほど暖かい気候(夏は暑い)だったとされる。

とくに平安末期は気温上昇により西日本は不作、東日本は豊作となり、

  • 東北では奥州藤原氏が繁栄。
  • 関東では源氏が復活。打倒平氏に立ち上がる。
  • 西日本を支配する平家の没落。

と鎌倉幕府の誕生には温暖化の後押しもあった。
※逆に鎌倉幕府の滅亡の背景には寒冷化があった。→詳細はこちら

また新古今和歌集にも温暖化の影響と思われる変化があり、

ここでは当時の気候を正しく伝えている。
おそらく酷暑のはずの七夕がなぜ涼しげなのかが謎だ。