国宝目白押しの日本総鎮守、大山祇神社。

瀬戸内海に浮かぶ大三島
ここには日本の山の神の総本社「大山祇神社」がある。

祭神である大山積神は風土記によると、

伊予の国の風土記に曰はく、乎知の郡。御島。坐す神の御名は大山積の神、またの名は和多志の大神なり。

山の神であると同時に和多志(わたし)、

  • わた=海神(わたつみ)
  • し=司(つかさどる)

海の神でもあるとされている。
これが「日本総鎮守」と称されたゆえんだろう。

また平安時代以降は瀬戸内海を支配した水軍からの信仰が厚く、
奉納された武器や武具が今では国宝や重要文化財となっている。
とくに国宝指定の甲冑の半数がここに収められているとか。

ボランティアガイドの方の説明で面白かったのが、
源義経のものと伝わる赤糸威鎧にまつわる修復の話。

赤糸威鎧 大山祇神社

明治時代に修復した箇所の赤糸はすでに色あせてしまったが、
源平合戦時の赤糸は今も鮮やかな赤が残っている。
かつての誤った修復(化学染料ではダメ)の代表例なんだとか。
※上記画像の丸印を付けた部分が作成当初の赤糸

また境内には国の天然記念物に指定された楠が多数あり、
境内中央にあるこの木は樹齢2500年を超えるとか、

大山祇神社

能因法師が1041年に雨乞いの和歌を奉納した楠は、
すでに枯れてしまっているが日本最古の楠と言われている。

この時、詠んだ歌は、

天の川 苗代水に せきくだせ 
天降ります 神ならば神

ちなみに能因法師と言えば百人一首に残る

嵐ふく 三室の山の もみぢ葉は 
竜田の川の 錦なりけり

が有名だね。

そして裏山の桜も美しかった。
見物客はほとんどおらず、あんなに静かな花見は初めて。

大三島・大山祇神社 大山祇神社の桜

大山祇神社への訪問は今回の旅で随一の体験だった。

大山祇神社・御朱印