日本の歴史と文化一覧

NO IMAGE

あいまいさ=「間」を大切にする心

投資と社会貢献の橋渡しって話には、もれなく「偽善」の疑いがついてくる?でも、そんなに白黒はっきりさせようと、がんばらなくてもいいじゃない。どこまでが本当に善い行いで、どこからが偽善か、切り分けられないから。 あいまいなままでいい。あいまい...

NO IMAGE

花鳥風月の「風」は見えない

日本には「花鳥風月」という言葉があるけど、「風」だけは目に見えない。そんなつかみにくい風を追いかけて、日本語には風にまつわる言葉がたくさん。 もちろん私が気になるのは、「風流」とか「風情」って方面の言葉。本を読んでいて、メモってたらgifフ...

NO IMAGE

私は「ぐるなび」より「食べログ」

かつてグルメ情報といえば、ぐるなびだったけど、今はほとんど使わない。まずは食べログを調べて、そのお店のURLがぐるなびだったら飛ぶ程度。みんなはどっち使ってる?(その他に投票した方はコメント欄でぜひ教えてね) 今回初めて知ったんだけど、食...

NO IMAGE

美意識と日本・4

日本文化を追っかけである私のお気に入りは、松岡正剛さんと原研哉さん。その原さんが関わる良品計画(無印良品)の株式に興味津々。 無印良品のブランドエッセンスは、やっぱり「シンプル」だよね。フランスでは「禅の精神を感じる」と評価を受けたりしてる...

NO IMAGE

和の伝統色/美意識と日本・3

太陽がまぶしい季節になり、同じ景色が梅雨とは違う色合いに見えてくる。日本の伝統色の名前をざっと見てみると(→和色大辞典)、植物や動物、食べ物の名前が混ざった色の名称が、やはり多い。日本に色の名称が豊富なのは、四季があるからなんだろうね。わず...

NO IMAGE

七夕の和歌 in 古今和歌集

今日は七夕。例年通り、天気悪そうだね。今年は月齢が新月に近いから、天の川が見えやすい日らしいけど。まぁ、東京にいたら、どーせ見えないんだけどね。 七夕の歌というと、「笹の葉さらさら~♪」って子供のお遊戯がメインだけど、昔はどんな歌があった...

NO IMAGE

歌川広重「東海道五十三次」

今日は久々に何も予定のない日だったけど、家でのんびりしちゃうと、明日未明のデンマーク戦に備えて早寝できないから、おでかけしてきた。 有栖川公園の図書館で調べ物 (古い統計データの収集)→ ル・ギャルソン・ドゥ・ラ・ヴィーニュでランチ → 山...

NO IMAGE

青山・表参道ランチメモ/2009~11

自信を持ってオススメ! やんも(焼き魚) さばの塩焼き1,050円 最終的にランチはほとんどここで食べていた。(※2010年12月追記) 生魚はあまり好きではないくせに(←だからお寿司が話題に出ない)、 焼き魚は生でも食べれるレベルのものじ...

NO IMAGE

日本の美術品・美術館を集約しようよ

私には、外国人の友だちやお客さんといった、シャレた人間関係はないけど、「日本文化に興味を持ってる外国人が東京に来たら、どこに連れてくべき?」なんて尋ねられて、うーん…。京都なら迷わないけど、東京だったら和食か江戸時代の庭園くらいかな。なんと...

NO IMAGE

日本に一貫性なんてない。それがなにか?

日本には国家戦略がないからダメ、みたいな話をよく見聞きするけど…。この国の歴史を俯瞰したとき、戦略らしいものが存在した時代はあったのかな? 「世界のどんな国民よりもふらふらきょろきょろして、最新流行の世界標準に雪崩を打って飛びついて、弊履...

NO IMAGE

日本の食文化を大切にしたい

キッコーマンのWebサイトに掲載されている、 研究機関誌「FOOD CULTURE」。この中におもしろい記述があるよー、と教えてもらったレポート、 「日本型食生活の変遷」(by 渡辺善次郎)から。 「アメリカ人の研究者が調べたところによると...

渡辺京二「逝きし世の面影」

これからの日本の立ち位置、どうするべき? どうしたら幸せ?私が考えてどうなる話でもないけど、考えないといけないような切迫感。 日本はキャッチアップ戦略の国だから、そのうち中国を追いかけて復活?そんな軽薄なのはイヤだ! 私の考えは、以前紹介...

NO IMAGE

美術館で日本を考える

五島美術館にて。ここには源氏物語絵巻や紫式部日記絵巻が所蔵されている。絵を見ていて、うにゃ?と思ったのが「家具がどこにもない」こと。貴族の屋敷なら、豪華な工芸品を飾る棚くらいあっても、と思うけど…。飾り戸棚らしきものが登場するのは、銀閣寺の...