日本の歴史と文化一覧

NO IMAGE

不足の美/美意識と日本・6

不完全なもの、欠けた部分に美しさを見出すのが、日本的な感性。 吉田兼好「徒然草」「すべて、何も皆、事のととのほりたるは悪しきことなり。し残したるを、さてうち置きたるは、おもしろく、生き延ぶるわざなり。」(82段) 「花は盛りに、月は隈なきを...

NO IMAGE

「結び」に込められた想い

「結び」という言葉は、もとは「ムスヒ(産霊)」から派生した言葉で、あてられた漢字の通り、「霊力を生む」という意味がある。 日本の神話でも、「ムスヒ(ムスビ)」と名のついた神も多く、神社での注連縄(しめなわ)、神籬(ひもろぎ)の結び方をはじめ...

NO IMAGE

神社を巡って

体調崩して、検査を受けて、結果が出るまでは、じっとしているのも不安で、あてもなく散歩に出かけては、Googleマップに引っかかった神社でお参り。年初から先週末までは、こんなことの繰り返し。少しだけ神社に詳しくなった。 神社には、御神体が祀ら...

NO IMAGE

平安時代を終わらせた白河天皇の…

昨日紹介した歴史小説「西行 月に恋する」に書かれている人間関係が、史実の通りなのか、誇張なのか、分からなかったから調べてみたら…えー!本当なんだ!! 子供の頃、こんな風に教わったっけ?!と驚き。文章だと分かりにくいから、家系図を自分で書いて...

NO IMAGE

三田誠広「西行 月に恋する」

昨春、桜と日本をテーマに書いたけど、調べ初めが遅く、時期がズレた。→ 関連記事 桜と日本(10/04/01)、桜と日本・2(10/05/05)今年は早めに調べはじめようと、まずは西行の本を読みあさることにした。 平安末期に200首近い桜の...

NO IMAGE

和食とは四季の恵みなんだ

昨年までの私は「旬」の食材を楽しむ、という意識があまりなかった。たぶん近所に商店街のない環境に育ち、八百屋や魚屋と接してなかったから。キッコーマンの旬の食材事典を眺めてみても、まだまだ頭に入っていない。 日本の食文化を大切にしたい!と宣言し...

NO IMAGE

日本酒と焼酎の違い。そして老舗の危機…

今夏、生まれて初めて、日本酒を飲んだ。というか飲まされた(笑)「和食には日本のお酒ですよ」と言い聞かされて、なんか納得しちゃってね。ところで、日本酒と焼酎って造り方はどう違うのかな?と調べてみた。 日本酒…醸造酒 蒸したお米+黄麹菌+酵母 ...

NO IMAGE

日本に対するイメージ

外務省の「海外における対日世論調査」をボーっと眺めてた。 先進国からは「豊かな伝統と文化を持つ国」と見られているけど、国内では戦後の経済史のみに着目し、「失われた20年」と嘆いてる。 新興国からは「技術力のある国」と尊敬のまなざしで見られて...

NO IMAGE

式年遷宮/美意識と日本・5 

昨日、今年2回目のスーツにネクタイの正装。ちゃんとしたカッコは滅多にしないので、ネクタイ締めるのにも一苦労…。せっかくだから、神社にお参りに行ってきたんだ。 ふと目に入ってきた境内の貼り紙。「伊勢神宮の神宮式年遷宮」寄付のお願い。次は201...

NO IMAGE

善悪二元論のつまらなさ

食生活の変化も影響してるのかな、日本が変になっちゃってるとこ。テレビや新聞のニュース(特に政治)が、なんでも善悪の枠にあてはめすぎ。世の中はすごく複雑で、善悪二元論なんかで語れないのに。。。 なんでも白黒はっきりさせたがるのは、欧米社会の特...

NO IMAGE

失われた20年? いや100年は失われている

リーマン後、しばらくの間はこれまでの資本主義を軌道修正しなきゃ、というような風潮があったように感じたけど、今はどうなんだろう。具体的なイメージがわかなくて、みんなあきらめちゃったのかな? 私は今年、渡辺京二「逝きし世の面影」って本に出会った...

NO IMAGE

失われゆく月のロマン

今年の中秋の名月は9月22日なんだって。先月は満月近くに、ちょうど多摩川の花火大会が重なり風流を楽しんだ。 もしも夜空に月がなかったら、、、なんて考えてみると、月が文芸の分野に与えた影響が、いかに大きかったかよく分かる。たとえば、百人一首の...