日本の美意識

NO IMAGE 日本の美意識

語源に学ぶ「しあわせのかたち」

中島みゆき「糸」にこんな一節がある。 縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます 「しあわせ」の語源を意識した素敵なフレーズ。 玄侑宗久「しあわせる力」を参考に由来を簡単に紹介すると...
NO IMAGE 日本の美意識

新古今和歌集の桜歌/無常と面影

古今和歌集(905)から時代を下ること300年。 鎌倉時代初期に完成したのが新古今和歌集(1205)。 桜の和歌に込められた想いを辿ると変わったなぁ、という印象。 古今和歌集の桜歌(13/03/18) 華やかだった貴族社会が終わり...
NO IMAGE 日本の美意識

古今和歌集の桜歌

古今和歌集の桜歌を気ままに編集。 まずこの時代の代表的な桜歌といえば在原業平(古今集53)の 世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし 桜が散ってしまう事へのドキドキ感を表した名歌。 ちなみにこの歌は伊勢物...
NO IMAGE 日本の美意識

仏壇の来歴に見る日本的方法

仏壇は日本独自のものらしい。 仏壇の中央に配置される「須弥壇(しゅみだん)」。 古代インドの宇宙観の中心「須弥山」を縮めたもので、 仏教世界の構造を表したもの 神仏が招かれ集まる場 といったイメージで、 仏壇は浄土への「どこでもドア...
NO IMAGE 日本の美意識

市中の山居

「隠遁」や「数寄」に思いをめぐらす日々。 今後の生き方を白楽天に求めたこともあった。 白楽天「中隠」/官と隠のはざまを生きる(12/04/29) でも、もっと気が合う感覚と出会った。 16世紀の初め、京都や堺の商人が茶の湯をたしなむ中...
日本の美意識

西行「山家集」春の章より桜歌10首

西行「山家集」春の章は全173首のうち103首が桜の和歌。 昨日のポカポカ陽気に誘われて、桜の和歌を10首編集してみた。 この時代の桜にはすでに花見という行事はあったようで、 (花見&お酒セットの最古の記述はたぶん伊勢物語) 花見に...
NO IMAGE 日本の美意識

手の中に宇宙を…利休の引き算の美学。

先日書いた記事に連環して、 人に必要な広さ(13/01/22) 日本の空間感覚の異質さを千利休を例に編集してみる。 利休の生きた時代(1521-1591年)は、ヨーロッパではルネサンス。 ルネサンス期を代表する人物の生年を並...
NO IMAGE 日本の美意識

枕草子に舞う桜/清少納言の桜観

みずから「お題」を作り、高速に「好み」を答え、断言する。 あちこち飛びながらも取り合わせが絶妙なエッセイ集「枕草子」。 清少納言が「桜」をどう見てたのか気になったので編集してみた。 「さても春ごとに咲くとて、桜をよろしう思ふ人やはある。」...
NO IMAGE 日本の美意識

菅原道真/梅が桜に変わる頃に

古代の日本で「春の花」と言えば「梅」だった。 いつごろ日本の関心が梅から桜へ移っていったのか。 和歌の世界では8世紀中頃の万葉集では桜より梅の歌が多く、 古今和歌集(905年)になると春の主役は桜に変わっている。 また今も変わらず京...
日本の美意識

西行「山家集」の月恋歌より10首

経済系の学問が過去の数字を説明しているだけと悟って以来、 日本を読み解く方法を歴史の中に探し求め続ける日々。 今年の春、日本人が桜へ込めた想いを追っていくなかで、 日本の文化・精神史における転換点にいた西行と出会った。 西行の和歌といえば...
NO IMAGE 日本の美意識

岡倉天心「茶の本」を「不完全の美」で要約・編集

不足の美、未完の美、余白の美。そして引き算の美学。 日本文化を語る上で、決して外すことのできないキーワード。 たとえば枯山水庭園は、水を感じることで心の中で完成する。 こうした日本の美意識を「茶道」を起点に語ったのが「茶の本」。 1...
NO IMAGE 日本の美意識

主客未分の日本的感性/西田幾多郎「純粋経験」

デカルトの世界を読み解く方法の出発点は「我思う、ゆえに我あり」。 人の意識をあらゆる物事の基礎と捉え、主観と客観を切り分けた。 そんなデカルトを意識したのか、西田幾多郎(1870~1945)は、 主観と客観が分かれる以前の「純粋経験」...
NO IMAGE 日本の美意識

グラデーションの日本美

春は桜から新緑へ、秋は紅葉。 四季の恵みは日本人の色彩感覚も豊かにしたのかな。 色と色の「間」の「あわい」表現の数がハンパない。 和色大辞典 色だけではなく、水墨画や枯山水あたりからはじまる 光と影の微妙な相互変化への関...
NO IMAGE 日本の美意識

うつしの美学/夏目漱石「草枕」

夏目漱石。 当時の先進国に学ぶべく、文部省の命でイギリスへ留学するが、 英文学研究への違和感から、精神に異常をきたして帰国。 帰国後に「我が輩は猫である」を執筆し、文豪への道を突き進む。 自信満々のイギリスが、癪に障ったせいなのか、 漱石は...
NO IMAGE 日本の美意識

花鳥風月の風は秋色

その起源は憂いに満ちた心を出入りしていた「花鳥風月」。 でも安土桃山時代以降、花鳥は障壁画、蒔絵、着物に舞い降り、 「花鳥の使い」が持っていた、あでやかな色合いを取り戻す。 そして今では、花鳥風月に関心を寄せれば、 浮世離れした「風流な人...
NO IMAGE 日本の美意識

花鳥風月の来歴。杜甫の春望からはじまった?

花鳥風月。 日本の風物を表す代表的な言葉として誰もが知っている。 ところで起源はどこにあるのか? 中国、唐・玄宗皇帝の時代(712~756年)、 天下の美女を選ぶために派遣した使者を「花鳥の使」と呼んだ。 日本には男女の仲立ちを表...
NO IMAGE 日本の美意識

無常が日本の古典を美しくした/唐木順三「無常」

日本の無常の系譜を描いた名著、唐木順三「無常」。 でも絶版で古本の入手も困難だから、読みたくなるたびに図書館へ。 お願いだから復刊してよー、筑摩書房さん!※追伸…紀伊國屋に電子版あり 「無常を語る場合、きわだって雄弁になり、それを書く場合...
NO IMAGE 日本の美意識

「お客さまは神様」の文化的背景

神社に常駐する神はいない。 神がときおり訪れる際の仮の宿が神社。 (詳しい説明は原研哉氏の講演録が読みやすい) こんな日本の神の特徴を折口信夫は「マレビト」と呼んだ。 マレビト(客人・稀人)。つまり日本人にとって神様は客人。 神様がホスト(...
NO IMAGE 日本の美意識

偶然の文化比較と九鬼周造「偶然と運命」

数学者が偶然や運命を計算で飼い慣らそうと必死だった歴史は、 ピーター・バーンスタインの「リスク」を読めば、なんとなく分かる。 では哲学者は偶然や運命をどう捉えていたのか? あるものが偶然と呼ばれるのは、われわれの認識に欠陥があるか...
NO IMAGE 日本の美意識

不足の美を完成させる禅芸術の7要素

禅は不思議だ。 腰を下ろして動かず(座禅)、布教活動に動き回ったりしない。  それなのに鎌倉・室町期の日本文化に与えた影響は大きい。 禅の山水思想は、枯山水や水墨画へと芸術に進化し、  やがて世阿弥の能や利休の茶道に...