投資や経済の話題

IR情報等から企業を見る

丸井グループ「共創経営レポート2016」は一読の価値あり!

今週たまたま丸井の青井浩社長が登壇するセミナーに参加した。配付資料にできたてホヤホヤの冊子をもらったのだがこれがいい! 共創経営レポート2016 読む前の私は消費者としても投資家としても丸井に関心ゼロ。そういえば子どもの頃、自由が...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

個性を失い、コモディティ化の進む金融業/本日のスープ80皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 ※直近のダイジェスト(71~77皿目)はこちらをどうぞ 前回rennyさんがESG投資のメインストリームがESGインデックスになるの...
講演・取材メモ

Aavishkaar インドの社会起業家向けベンチャーキャピタル

インドの社会起業家向けのベンチャーキャピタル"Aavishkaar"。ここで投資委員会のメンバーを務める橋本芳樹さんのお話を伺った。 日本では無名だが、世界の投資家から約200億円の投資資金を集め、インドを中心とした南アジアの農村部などで...
IR情報等から企業を見る

ソニーの今後の中核事業はやはり金融か?

先週17日にソニーが子会社のソニーフィナンシャルHDの株式を取得し、保有比率が60.0%から62.1%になった。→ニュースリリースへ※ソニーはフィナンシャルHDを2007年に上場し、保有株式の40%を手放した。 おそらくソニーは金融事業を...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

「本日のスープ」ガイド・巻10/71~77皿目

m@さん、rennyさんとのリレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」の高速ガイド。 今日は71皿目から77皿目までを編集しよう。 「本日のスープ」ガイド・1~11皿目 「本日のスープ」ガイド・巻2/12~17皿目 ...
金融危機2007~?

アメリカの失業率・ローン延滞率・住宅指数(2007~15)

サブプライムローン問題に端を発した金融危機。リーマンブラザーズが破綻した2008年9月からしばらくの間は、「100年に1度の金融危機」と称され、まるで流行語のようだった。 最近「マネー・ショート」なる映画を観て、ふと思い出して、集計を続け...
世界と日本の経済史

国の豊かさに経済成長が不可欠なのだろうか?

1954年生まれの安部首相に「成長戦略」と言われても、1978年生まれの私になんかピンと来ないのは生きた時代が違うから。 経済成長に対する世代間ギャップ 日本経済の最近60年をザックリ輪切りすると、 1950~70年…高度経済...
IR情報等から企業を見る

会計情報に基づく空売りの悩み。その手があったかグラウカス!

不正会計を調査して空売りをしかけるグラウカス・リサーチ・グループ。日本で活動をはじめ、その最初の標的のとなったのが伊藤忠商事。2015年3月期決算で純利益を1,531億円水増し等の指摘がされている。 グラウカス・リサーチの伊藤忠に関す...
投資や経済の話題

株式の時価総額がGDPを大きく上回ることはない。

その昔、主要国のGDPと株式時価総額のデータで遊んでいたら、 GDPと時価総額の相関係数が0.97?(09/08/10) こんなことになり、株価が反映する将来は意外と近視眼なのかもと。 この記事が印象深かったという方によく出会う気...
お薦めの本

世界システム論を支持するなら、新興国への投資は必要なし。

確定拠出年金をはじめるにあたり今一度、考え直しているのが、ポートフォリオに新興国株式を入れる必要があるかどうか。インデックスファンドに投資することになるからね。 新興国へ投資してこなかった理由 BRICsが話題になった頃、サッカー好きだ...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

企業の成長を後押しするESG/本日のスープ77皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 ※直近のダイジェスト(65~70皿目)はこちらをどうぞ 企業が上場すると手に入れるものと手放すものがあります。 手に入れるものは「資...
社会や政治の問題など

年金制度が金融市場と後進国を蝕んでいる?

最近、株式投資の未来像が自分の中でうまく描けなくなってきた。以前こんな図とともに「自分さえ儲かれば」の投資はダメだと説いた。 でも社会の仕組み上どうしても「投資家」の要求がとおりやすい。高齢化社会では年金受給世代の声がデカくなるも...
世界と日本の経済史

中国を百数十年の闇に落としたイギリスのアヘン貿易

歴史を振り返るとイギリスという国は恐ろしい。自国の利益のためであれば、悪事に手を染めてきた歴史がある。 イギリスの策略にはめられた代表的な国のひとつが中国。アヘン戦争(1840~42年)を機に中国全土がアヘン中毒者だらけに!大国の座から転...
NO IMAGE 投資や経済の話題

人間より人工知能の方が投資がうまい?

イギリスのEU離脱ショックから1週間も経たずに、 金融市場ではまるで何もなかったかのような景色に戻っている。 Bloombergにこんな記事を見つけた。※和文は抄訳 勝ったのはコンピューター、生身トレーダーは防戦-英EU離脱ショック...
NO IMAGE 投資や経済の話題

イギリスのEU離脱を受けて反省の覚え書。

イギリスの国民投票によるEU離脱派勝利はたぶん歴史的な大事件。だから感じたこと、考えたことを書き残しておいた方がいいかな。 リーマン・ショックの頃に書いてたものを読み返したら面白いし、後々振り返っても今の気持ちを思い出せないものだから。 ...
投資や経済の話題

VIXとS&P500の推移(1996年~)

イギリスの国民投票でEU離脱派が勝ったことで、金融市場は大混乱。そこでリーマン・ブラザーズが破綻した頃よく紹介した指数をもう一度。 VIX(Volatility Index) ※Wikipedia(意味) YahooFinance(チャー...
NO IMAGE 投資や経済の話題

ファッションブランドのFOXEYがスゴい!

妻がたまに買ってくるファッション雑誌が興味深い。まるで縁のなかった分野だから好奇心が止まらない! このブランドはスゴいな、上場してたら投資したいなと感じたのが、 FOXEY(株式会社フォクシー) デザイナーの前田義子さんが1980...
NO IMAGE 世界の名言・名文

政治は国民を映す鏡/サミュエル・スマイルズ「自助論」

サミュエル・スマイルズの遺した不朽の名著「自助論」。この中に政治は国民を映す鏡であると指摘したくだりがある。 「一国の政治というものは、国民を映し出す鏡にすぎません。政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまで...
投資や経済の話題

投資家のための柄谷行人「世界史の構造」

数年前に話題になった柄谷行人「世界史の構造」。文庫版が出ていたので先週末に読んでみた。言葉遣いが難解なため、投資家として必要な部分だけ解読。 著者は産業資本主義の成長の前提条件が3つあると説く(P456)。 産業的体制の外に「自然」...
お薦めの本

不妊症の野菜を食べ続ける人類の未来は?/野口勲「タネが危ない」

ADMへの投資をはじめたのを機に農業ビジネスを探究している。 その中で知ってしまった野菜のタネに関する恐るべき現状。 固定種とF1種 タネには大きく分けて、固定種とF1種の2種類があり、 固定種…地域で何世代に渡って育てられ...