NO IMAGE 投資や経済の話題

投資家的な「持ち家vs賃貸」の思考回路

自分なりに家を購入か、賃貸かで考えてみた時に、世間一般で語られていることと全く異なる疑問が生じた。 投資家ならではの考え方なのかもしれないけど、 株式配当や債券利子を家賃の支払いに充てる 株式・債券への投資資金を家の購入に充てる 長い目で見たときにどちらがいいのだろう? 家を借りる ...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

金融の世界にも「フェアプレー精神」を!/本日のスープ74皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 ※直近のダイジェスト(65~70皿目)はこちらをどうぞ 社会性を意識した投資の必要性について損益計算書の観点からまろさんが、貸借対照表の観点からrennyさんが話して下さいました。また、企業の資...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

続・投資の成功は「まぐれ」が半分

以前、買値の何倍にもなったサンリオ株との出会いの「まぐれ」話を書いた。 投資の成功は「まぐれ」半分(13/10/27) 今回は逆に株価の急落前に「たまたま」売却できた話。 昨年末のまとめ記事を読んで取材を申し込んでくれた方がいたのだけど、単なる偶然だし、保有株をすべて売った訳ではないから、...
投資や経済の話題

日本サステナブル投資白書を献本させてください

証券市場から受けている恩恵の恩返しのようなつもりで、NPO法人 社会的責任投資フォーラム(JSIF)へ関わりはじめて数年が経ち、今では事業の大部分に関わるようになっている。 そういうわけで先ごろ発行の「日本サステナブル投資白書2015」で、投資関係のブロガーさんにはおなじみの方のコラムも掲載できた...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

「本日のスープ」ガイド・巻9/65~70皿目

m@さん、rennyさんとのリレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」の高速ガイド。 今日は65皿目から71皿目までを編集しよう。 「本日のスープ」ガイド・1~11皿目 「本日のスープ」ガイド・巻2/12~17皿目 「本日のスープ」ガイド・巻3/18~26皿目 「本日...
投資や経済の話題

バンガード・米国生活必需品セクターETFが強い

ジェレミー・シーゲル「株式投資の未来」を読んだ2005年以降、 コカ・コーラとプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)を皮切りに、 海外株式への投資は生活必需品関係の企業を中心にしている。 英語が嫌いで海外企業の会計情報をちゃんと読めないから、 リーマン・ショックやギリシア危機な...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

CSRとCSV、SRIとESG/本日のスープ71皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 企業の出す統合レポートには財務情報に限らず非財務的活動に関する内容も書かれています。 企業の非財務的活動としてかつて企業が行う社会貢献としてのCSR活動がもてはやされましたが、2011年以降は本業で社会...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

個人投資家の強みはいくらでも時を待てること

統合レポートを読んで「堀場製作所に投資したい!」 と思ったのが2014年10月のことだったか。 堀場製作所/200社のレポートから選ぶ、投資に値する企業。 あれからずっと投資のタイミングを待っていたが、 ようやくやる気が出そうな水準に近づきつつある。 そういえば松下幸之助がこんな言葉を遺している...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

長期投資を揺るがす進化論と時間論の捉え方

年明けから株価が急落したことで相場環境が好転。 久しぶりに投資に興味が沸いてきたところで頭の整理。 長期投資が儲かる!と信じることは、 曲解された進化論 直線的な時間世界 を支持することと同じではないかと最近思う。 進化論については、 曲解された進化論/長谷川眞理子「進化とはなんだろうか」 ...
お薦めの本

幕末の円ドル通貨戦争/佐藤雅美「大君の通貨」

幕末開国後の為替レートの問題を描いた歴史小説。 事の発端は幕府が海外の圧力に押し切られ、 貨幣の重量に基づいて、1ドル貨幣:一分銀=1:3と決めてしまったこと。本来、公正な交換レートを定めるのであれば、一小判:一分銀=1:4(日本国内での交換レート)一小判:1ドル貨幣=1:4(上海での交換レート)と...
NO IMAGE 投資や経済の話題

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」をうけて

私は投資信託の動向をまったく知らなかったから、 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」で、 1位のインデックスファンドの票の集め方にビックリ。 フィギュアの羽生結弦さんみたいな別次元の得点…。 ここまでの結果を見せつけられてしまうと、 ファンドマネージャーの仕事が指数に...
IR情報等から企業を見る

来年から本気出す。サンリオの「ぐでたま」IRレターに爆笑!

私の投資家人生でもっとも成功したのがサンリオへの投資。 それがまぐれから始まったことは以前、紹介した。 投資の成功は「まぐれ」が半分(13/10/27) その後も記念に100株だけ保有し続けているのだが、 このあいだ送付されてきたIRレターの表紙に吹き出しちゃった。 株主向けにこれって…、経...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

統合レポートでファンドを評価してみよう/本日のスープ68皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 アニュアルレポート、統合報告についての話が続いています。前回、rennyさんから「いい会社」でポートフォリオを構成しているファンドや受益者が投資先のアニュアルレポートを吟味すると面白いのでは?と提案があ...
NO IMAGE 投資や経済の話題

個人投資家としての2015年

昨年に引き続き同じタイトルでまとめてみよう。 今年は昨年のように資料を作って話に行く機会はなかったが、 数年ぶりに写真付きのインタビュー記事が掲載された。 企業レポートのポータルサイト「in-Report」にドデカく出演! このサイトのオープンが2月1日。 結婚しようと決めたのが1月29日だった...
NO IMAGE 社会や政治の問題など

東芝、旭化成の次は住友化学か? ミツバチ失踪の巨大リスク!

コーポレートガバナンスの優等生だった東芝が不正会計。 鬼怒川決壊時にヘーベルハウスで名をあげた旭化成は、 建築偽装でジェットコースターのように信用が地に堕ちた。 次に来そうなのはどこか? 私の本命は住友化学だ。 ミツバチが大量に失踪する現象はご存じだろうか? 蜂群崩壊症候群(Colony Colla...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

投資家が求める4つのリターン/「社会的インパクトとは何か」

日本でも社会的投資(社会に良いことをもらたす投資) への関心が高まるなか、こんな本が翻訳されたそうな。 ※翻訳関係者よりご提供いただきました マーク・J・エプスタイン、クリスティ・ユーザス「社会的インパクトとは何か」 目を引いたのが第2章「投資家を理解する」で、 投資家が求めるリ...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

「本日のスープ」ガイド・巻8/55~64皿目

m@さん、rennyさんとのリレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」の高速ガイド。 今日は55皿目から64皿目まで。 「本日のスープ」ガイド・1~11皿目 「本日のスープ」ガイド・巻2/12~17皿目 「本日のスープ」ガイド・巻3/18~26皿目 「本日のスープ」ガ...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

レポートを読もう、そして感想を伝えよう/本日のスープ65皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 前回、rennyさんがアダム・スミスの懸念を払拭するためには機関投資家だけでなく個人投資家自身も変化する必要があるのではないか?と書かれていました。株式会社がしっかりと機能するためには責任を分けた経営者...
投資や経済の話題

ノーベル財団の資産運用

1901年にスタートしたノーベル賞の賞金や運営費は、 アルフレッド・ノーベルの遺産の運用で成り立っている。 独立性を保つために寄付を受け入れていない方針だから、 純粋に資産運用の腕次第、という組織形態は興味深い。 The Nobel Foundation - Financial Mana...
NO IMAGE 投信ビジネスの現状と再生

直販こそが正義! 家具業界の場合

ふらりと立ち寄ったオーダー家具屋さんとの出会いから、 坐る生活をに迷い込んでしまったが、ついに家具が届いた! 引越しから2ヶ月半、やっと訪れた快適な生活。 そんな家具を届けてくれた「家具蔵」の沿革が興味深い。 1953年に創業してからバブルが崩壊するまでの約40年間、 工場で作った家具を百...