IR情報等から企業を見る

NO IMAGE IR情報等から企業を見る

丸井とファーストリテイリングの決算情報で遊ぶ

「丸井…ロング、ファーストリテイリング…ショート」戦略がいけるかどうか研究中。株価ってダメな企業を過小評価し、いい企業を過大評価してしまうものだから。両社の決算書を見たのは今回が初めて。まずおおざっぽな感想。丸井の直近決算が赤字なのは・特別...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

単体の決算書に潜むおもしろ情報

10年くらい前から決算書といえば、連結決算の方を分析するのがあたりまえ。でも、連結決算の後のページにある単体決算も見ると、たまにおもしろ情報がある。アサヒビールの単体P/L、売上・売上原価から○○を抜くと粗利50%超?!※思わせぶりな表現だ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

セグメント情報の楽しみ方

大学の課題で、アサヒとキリンの財務諸表比較して遊んだ。絶賛オススメ中の大津広一「戦略思考で読み解く経営分析入門」にたびたび登場する、セグメント情報の数字を元に指標化してみる手法。自分で実際に作ってみたら結構楽しめた。みなさまもぜひお試しあれ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

シャープの株価に何が織り込まれているのか?

株価情報を眺めていて、シャープのPER383.7倍、という表示が目にとまった。なんとも激しい数字で、直近の中間決算発表に何か凄い期待が?と気になった。決算発表前に想像してみたくなった。先月発売の四季報。とりあえずPERの計算はあっているよう...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

信用売りに慣れてきた-3年半の実験をまとめてみる

2006年4月から信用売りをはじめた。というと、とっても儲かっていそうだけど、そうでもない。2007年12月に上海ETFの信用売りが解禁されたおかげでようやくプラスに。そして今年の利益が、暴落した昨年の利益を超えたから「慣れた」宣言してみた...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

日本航空の真のB/Sに迫ってみる

「お前はもう死んでいる」ケンシロウに秘孔を突かれたわけではないが、日本航空へおくる言葉にピッタリ。エルビーダもそうだけど、国策として支援の必要性があるのかイマイチ謎。そんな話はとりあえずおいといて、日本航空は簿外資産・負債が多い企業だから、...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

大津広一「戦略思考で読み解く経営分析入門」

ビジネスマンの3種の神器は「英語・IT・会計」と言われるようになってから、財務諸表を用いての経営分析の本が、本当にたくさん出版されてきた。でもそのほとんどが一度読んだら放置。二度と開くことのない内容のものばかり。そんな中、本棚の目立つ位置に...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

会計的にはサッポロビールではなくサッポロ不動産

サントリーがフランスの飲料メーカー、オレンジーナを買収するらしく、キリンの売上高を加えると、クラフトフーズを抜いて世界4位になるとか。でも、クラフトフーズはイギリスの菓子メーカー、キャドバリーに買収提案中。そういえば、オレンジーナは元はキャ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

P&Gの33億ドルはどこへいく?

今月、P&Gに事業売却などのニュースが2つ。・味の素へ骨粗鬆しょう症治療薬の日本国内での特許を2.1億ドルで売却・ワーナー・チルコットへ医療用医薬品事業を31億ドルで売却これにより33.1億ドル(3,111億4千万円/1ドル=94円換算)も...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

現金をたくさん保有する理由

アメリカのハイテク企業は、手元現金が多く負債が意外と少ないなぁ、って言うのが前回の話。コメントも頂いてなんでだろ?と考えていたところ、なんだか妙にタイミング良く、今読んでいる本で面白い記述と出会った。ブロートン「ハーバードビジネススクール ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

アメリカのハイテク株は意外とディフェンシブ?

ここ半年くらい、アメリカではハイテク株が値上がりしているような気がして。Google Finance に登録してある企業からハイテク系をピックアップしてみると、どうやら外してはいなさそう。で、なんとなく決算書眺めていておや?と。一般的にディ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

任天堂の直近10期分の会計指標

前回、現預金がどんなもんか見る、と貸借対照表を並べておきながら、違うところにも目が行ってしまった(2007年3月期の自己資本比率低下)。こういう時はB/Sだけじゃ分からないから、会計指標をいろいろ遊んでみた。2007年3月期の有価証券報告書...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

任天堂のB/Sを10期分並べてみた

そういえば、任天堂って現預金いっぱい持ってるという話を聞いたような。どんなもんだろう?と10期分、現預金に注目してB/Sを並べてみた。青色が現預金なんだけど、にゃるほろこりゃ凄い。2009年3月期に前期と比べて現預金が減ったのは、土地を12...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

少数株主持分が悲しい決算書

特に2007,2008年。少数株主持分を差し引いたら赤字になるという惨事。連結対象の子会社でも100%株式を持っていないと、こういう悲しい出来事が…。例えば、株式を80%持っている子会社の当期純利益が1,000万円の場合、親子のP/Lを合算...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

ビール4社のB/Sをエクセルで並べてみた

さらにビール会社で遊んでいたら、エクセルでこんなの作れたよ。(ビール会社って不思議と決算期が12月で揃ってるのなんでだろ?)4社分のB/Sを1度にイメージするのは難しいから意外と役に立った。へぇー、キリンが一番大きい会社なのか。キリンカップ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

リニアは直線に決まってるだろう

2025年の東京-名古屋間に開業予定のJR東海のリニア新幹線、工事費はこれまでの試算と変わらず5兆1,000億円らしい。→会社発表資料おおざっぱな計算で、JR東海のフリーキャッシュフローの約25年分。しかし、迂回ルート案なる奇妙なものも掲載...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

EBITDA、懐かしいな

ドコモの決算短信に「目標とする経営指標」として、・利益性の観点からEBITDAマージン 35%以上・投下資本効率性の観点からROCE 20%以上が掲げられていた。EBITDAってお久しぶりな感じ。ITバブルの頃の流行だよね。"Ea...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

携帯各社のAPRU推移

なんか学校のケース分析の授業(マーケティング)でドコモを扱うらしいので、先日のソフトバンクネタに引き続き、携帯電話会社の決算書で遊んでいる。携帯電話事業ではAPRU(Average Revenue Per User)っていう指標で見ることが...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

DCF法の用途について頭がまとまり始める

1.株式の買取価格を争う裁判での体験からDCF法を使用する時は、鑑定人はこれくらいの金額、って目標を持っていて、その株価に近づけるために、経営計画や割引率に手を加えて、計算をしていく。鑑定人の意見を表したものにすぎず、企業本来の価値から離れ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

トヨタ沈没、ホンダ堅調は本当か?

2009年3月期決算。トヨタは4,369億円の赤字。ホンダは1,370億円の黒字。と言われれば「トヨタ沈没、ホンダ堅調」のように見える。でも…2008年3月期の決算と比較すると、・自己資本比率…トヨタ -1.95%、ホンダ -2.11%・営...