投資の賢人に学ぶ

お薦めの本

バフェットの相棒、チャーリー・マンガーの名言「完全なる投資家の頭の中」

本屋で久しぶりに投資関係の棚を眺めていて気がついた。最近はバフェットだけではなくマンガーの本もあるのか。 言わずと知れたバークシャー・ハサウェイ社の副会長、チャーリー・マンガーの発言を編集した一冊、 トレン・グリフィン「完全なる投資...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

不祥事を起こした企業への投資(東芝)

東芝の不正会計事件。 久しぶりに個別株投資を検討したくなる案件だ。 周囲にそんな話をすると驚かれるのだけど、 「素晴らしいビジネスでも、一時的に大きな問題を抱えることがあります。その時こそ、大きな投資機会が訪れるのです。」(ウォーレン・バ...
NO IMAGE お薦めの本

10年後も読み返したい投資の本

2月頃から本棚の整理を続けている。 今春、家と駅のちょうど間に図書館ができたから、 図書館も自分の本棚と捉えて家を片づけることにしたのだ。数えてみれば先月末までに227冊ブックオフへ。 今月が総仕上げで最終的に300冊くらい処分かな。その過...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

上昇相場の終焉はまもなくか?/グレアム「賢明なる投資家」

長らく続いた日本株の上昇はそろそろ終わりでは? そう感じさせる出来事がこのところ続いている。 3月30日に日本取引所グループ(JPX)からこんなリリース。 最近の新規公開を巡る問題と対応について このところ新規公開会社の事...
お薦めの本

バフェットさん関係の推薦図書

今日、本屋でたまたま見つけて思わず買ってしまった ローレンス・カニンガム「バフェットからの手紙」 バフェット自身によるバークシャー・ハサウェイ社の株主への手紙。 これをテーマごとに編集した、投資家なら誰もが知る一冊。 日本...
NO IMAGE バフェットからの手紙

The Intelligent Investor/バフェットからの手紙2013

「バフェットからの手紙2013」の17ページからはじまる "Some Thoughts About Investing"編集企画の最終回。 Fundamentals of Investing/バフェットからの手紙201...
NO IMAGE バフェットからの手紙

I suggest Vanguard’s/バフェットからの手紙2013

バフェットからの手紙2013の"Some Thoughts About Investing"。 前回は18ページの"Fundamentals of Investing"を中心に紹介。 今日は20ページ...
NO IMAGE バフェットからの手紙

Fundamentals of Investing/バフェットからの手紙2013

先ごろ発表されたバフェットからの手紙2013。 17ページの"Some Thoughts About Investing"は、 ウォーレン・バフェットの投資理論の総まとめ的な興味深い内容。 "How to Mi...
NO IMAGE バフェットからの手紙

なぜ企業買収に失敗するのか?/バフェットからの手紙1991

企業の成長と共に、主たる事業で実現できる成長率は、 経済環境(景気やインフレ)、シェア拡大、生産性向上など を要因にした穏やかなものになっていく。 閉塞感を打破するため、次なる成長の原動力とするため、 企業買収(M&A)って選択肢が...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

上昇相場に役立つ大投資家の金言集

投資の話をしてきたので配付資料からピックアップして紹介。 今回が初めての上昇相場、って個人投資家向けの内容。 主なテーマは以下の2つ。 含み益の出ている株式に関する判断材料 上昇相場・好景気時の投資家の心得 まず利益の出ている株式を...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

億万長者の雪だるま&本多静六の幸福論

成功が成功を呼び、雪だるま式に成功をおさめる「マタイ効果」。 そういえば名だたる億万長者は、決まって「雪だるま」を例にする。 "Life is like a snowball. The important thing is f...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

ジョージ・ソロスの再帰性理論

ジョージ・ソロスの投資哲学の根幹である再帰性理論。 昔はさっぱり分からなかったけど、今なら少し近づけそう。 認識機能…人が世界を理解しようと努めること 関与機能…人が世界に影響を与えようとすること この2つの相互干渉をソ...
NO IMAGE 投資で創った人生哲学

ジョージ・ソロスの大局観と人生観

ジョージ・ソロスは投資哲学者。(と私が勝手に思ってる) 私が哲学に触れるようになったのはソロスが気になってから。 20代の頃はウォーレン・バフェットが好きだった。 バフェットのように財務諸表を読んで株式投資をするぞ! と突っ走ったお...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

バフェットさんの追っかけ…おわりかな

自伝と位置づけられた「スノーボール」がおもしろいと感じなかったせいなのか、ゼネラル・リー以降の最大の投資案件だった、バーリントン・ノーザン鉄道が、環境株じゃなくて、微妙に石炭株だったと知って、なんかガッカリしたせいなのか…すっかりバフェット...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

バフェットさんの「スノーボール」で大事なトコ

少し前にバフェットさんの伝記「スノーボール」の日本語訳が発売された。「バフェットさん関係の推薦図書」に載せないの?との質問をメールで受けたので。私は早く読みたくて、翻訳待てずに英語版に飛びついたのだけど、あんなに長々読んで、言いたいことはこ...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

バフェットさんのパラドックス・トップ10

BBCのサイトにこんなの出た→"Top 10 paradoxes of Warren Buffett"適当に訳してみた。英語が苦手なので訳があってる保証はしないからね(笑)1.バフェットさんは他の投資家より野心的ではなか...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

トリフィンのジレンマ

へぇー、そんな名前がついていたのかと思った話。「ドルが基軸通貨として役割を果たすためには、アメリカがドルを使い、他国がドルを受け取り、世界中にドルが十分供給されることが必要である。しかし、アメリカが世界へのドルの供給を増加させるということは...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

考案者から批判されるCAPM

CAPM(Capital Asset Pricing Model: 資本資産価格モデル)。式でいうと、Re=Rf+β×(Rm-Rf)←こんなやつ。もっと簡単に言うと、ポートフォリオ設計の際のリスク・リターンの計算や、企業価値評価の際にDCF...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

ユージン・ファーマのブログがあった

ユージン・ファーマといえば効率的市場仮説(Efficient Market Hypothesis)。効率的市場仮説は、20世紀前半にルイ・バシュリエって数学者が、「投機家の数学的期待値はゼロである。明らかに市場で最も妥当と考えられる価格は、...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

マンデルブロ「禁断の金融10ヵ条」

ナシーム・ニコラス・タレブ「ブラック・スワン」を読むと、 カール・ポパーとマンデルブロの2人が特に気になって調べたくなる。 哲学者ポパーの方は、今のところかなりメダパニ(混乱)。 マンデルブロは「禁断の市場」って金融に関する著作があっ...