投信ビジネスの闇と再生への道

投信ビジネスの闇と再生への道

セミナーデザイン記録「ファンマネ×個人投資家」

なんでブログを続けているかといえば、 脳の外付け記憶装置として 自分だけの情報宇宙を編集するため この「情報を編集する」方法の応用が今後の目標。 何をしようとしているか言葉にするのが難しいのだけど、 2つ以上の立場の人の「間」に入っ...
投信ビジネスの闇と再生への道

業界の常識は世間の非常識

金融商品の商品企画や運用担当者の人たちの悩みは、 良い商品を作っても販売会社の商品説明が下手なこと。 そんなことを真面目に議論していたりする不思議… 一言でまとめると、業界の常識は世間の非常識! この非常識ぶりを家電業界に置き換えると分かり...
投信ビジネスの闇と再生への道

投資信託も「顔の見える」野菜に!

私の投資家としての美意識は、 より良い未来へ一票を投じる賭け でもその投票権を持つのは世界のほんの一握りの人 だから「私」だけでなく「社会」のより良い未来を意識する だから未来への良し悪しの判断を一切放棄してしまう、 インデックス...
投信ビジネスの闇と再生への道

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」を目指して!

2013年、株式投資信託の本数は過去最高になった。 1995年9月 4,338本 2013年7月 4,362本 純資産残高との推移を見てみると、 1本あたりの運用規模が大きくなっているから、 昔の小粒乱立状態は解消されたと言えるのだ...
投信ビジネスの闇と再生への道

生物多様性ファンドの思い出(セミナーの補足)

先週のセミナーでm@さんが共感できないSRIファンドの例として、 生物多様性企業応援ファンド(三井住友トラストam) を紹介していた(当日は「某生物多様性ファンド」としていたけど)。 組入銘柄がTOPIXコア30とほぼ同じで魅力がないと...
投信ビジネスの闇と再生への道

講演ぷろでゅ~す。10月17日来てね♪

【続報】参加費が1,000円から500円に!→お知らせ記事 ブログの内容自体は昨年から漂流をはじめたけど、 投資のイメージ向上を図りたい!という想いは変わらない。 そんな流れの一環で講演会をプロデュースしちゃった♪ 今回は「投資には社会を変...
投信ビジネスの闇と再生への道

コラボ経済の時代/「自分ごと」だと人は動く

みんなが同種のモノに群がる大量生産・大量消費の時代。 企業は新聞やテレビの広告で一方的に情報発信だけでよかった。 でもIT革命後の消費者は単なる情報の受け手ではなくなり、 主体的に情報を収集、選別、発信しはじめ、時代は大きく変わった。...
投信ビジネスの闇と再生への道

情報開示で見分けるダメな投資信託

「投信の運用報告書と情報開示のあり方を考える会」がまとめた 「投信利用者からの提言~私たちが望む運用報告書とは~」が、 いろいろな立場からの意見が読めておもしろい。 でも私が投資信託と関わりの薄い個人投資家だからかな。 詐欺的要素を感じる販...
投信ビジネスの闇と再生への道

鎌倉投信の「まごころ」は負の金融史への挑戦

訳あって、鎌倉投信について頭の整理を進めている。 会社の志として3つの「わ」(和・輪・話)が掲げられており、 私なりに描いて、キーワードを配置してみると… 中心となるコンセプトはやはり「まごころ」だろう。 投資哲学:投資は「まごころ」で...
投信ビジネスの闇と再生への道

続・投信ビジネスの変遷を図解

まずは前回の作図をおさらいしよう。 インデックスvsアクティブから独立系投信の登場まで。 rennyさんから横軸も変えよう!とご提案いただいて、 いろいろ試してるうちに新勢力が描けたこれにしてみた。 個人投資家が純粋にリターン(富)を追...
投信ビジネスの闇と再生への道

投信ビジネスの変遷を図解

昨日の「投資信託にもブランドイメージを!」の続きで、 頭の整理を兼ねて投信ビジネスの変遷を図解してみた。 プロが企業を調査・選別して投資するアクティブファンドは、 手間がかかる分、運用費用(信託報酬)は高めだけど、 インデックス指標より高い...
投信ビジネスの闇と再生への道

投資信託にもブランドイメージを!

私は個別株&長期保有の古典派投資家。絶滅危惧種だ(笑) だから投資信託に疎くてよく分かってなかったんだけど、 m@さんとrennyさんのブログ記事から、なるほろーと思ったこと。 社会的責任投資(SRI)に求められているのってなんだろう? ...
投信ビジネスの闇と再生への道

投資のイメージ向上に必要なこと

インターネットの普及により消費者の行動は、  AIDMA(Attention→Interest→Desire→Memory→Action)から  AISAS(Attention→Interest→Search→Action→Share)へ ...
投信ビジネスの闇と再生への道

コラボ投資がアクティブ運用復権の切り札

rennyさんが以前書かれた「新しい」投信文化のキーワード へのお返事+「コラボ投資」応援メッセージが今日の記事だよ。 バートン・マルキール、チャールズ・エリス、ジョン・ボーグル。 名前を並べるだけで話の内容がすぐに分かる。これはこれで凄い...
投信ビジネスの闇と再生への道

投資・金融教育は誰が担うべきか?

平成電電、L&G、ワールドオーシャンファーム、安愚楽牧場… ここ数年で起きた投資詐欺ですぐに思い出せる事件。 この4つだけでも被害額を足したら1兆円に届いてしまうかもしれない。 詐欺の仕組みはどれも同じ。なぜここまで騙されてしまうのか? 「...
投信ビジネスの闇と再生への道

投信販売に法規制が必要

モーニングスターの朝倉智也氏が金融庁の金融審議会に提出した 「投資信託に関する現状の課題と対応」(PDFファイル)がスゴイ。 こんなの発表したら、大手金融機関から圧力かかるんじゃない? ファイルも消されてしまうかもしれないからダウンロードは...
投信ビジネスの闇と再生への道

フィードバックの重要性(寄付とファンド)

英語が話せなくてもいいから会いましょう、と誘ってくれたので、日本で活動する社会起業家 Nhat Vuong さんとお昼ご飯を食べた。NPO向けの少額寄付のサイトを年内にオープンすべく準備中とのこと。印象的だったポイントをメモっておくと、 ...