松岡正剛、最後の連塾

松岡正剛氏は読書家にとって憧れの存在だ。
分かりやすく?言うと、投資家にとってのウォーレン・バフェットであり、
バルサファンにとってのグアルディオラやメッシなのである。

そんな松岡氏が2003年から続けてきた連塾が今日、最終回。
数十冊の本をつむぎながら披露された松岡ワールドに浸ってきた。
難しかったから消化するには時間がかかりそう。
取り急ぎ、最後のメッセージだけ紹介しておくと…

松岡氏は夏目漱石「草枕」を愛し、晩年は録音のみに徹した
不思議なピアニスト、グレン・グールドの立ち振る舞いに理想を見出し、

  • すべての様式は一瞬にして混淆すべきなのである
  • 方法が内容なのである
  • 最も優れた表現はよくよく練られた逸脱なのである

というメッセージを残して終演。