羽生善治さん講演-著書「大局観」の補足

NEC主催のフォーラムになぜか将棋の羽生善治さんが登場。
今年出版の著書「大局観」をベースにした講演だったから、
これは本になかったかな、という部分をかいつまんで紹介するね。

ミスを重ねてしまう原因
 ・ミスをした後は動揺して、冷静さを失っている
 ・盲点
 ・難易度が上がっている(ミスをきっかけに築いた作戦が崩れるから)
ミスを重ねないために
 ・ひと息ついて冷静さを取り戻す
 ・目の前の局面に集中する(反省や検証は大切だが後でいい)
 ・初めてその場面を見たらどう思うか考える

創造とは
 今まで過去にあった形や手を組み合わせることによって生まれるもの。
 食材(知識や情報)が豊富なのが、今の時代の特徴。
 たくさんの食べてグルメになるもよし、新しい料理を創造するもよし。
 創造性を得るにはとても恵まれた時代になったと思っている。
 ただし、流行を追い求めて、画一的にならないように注意。

3.11後の世界
 場が荒れてる(予想外のことが起こりやすい)、という感覚。
 定石や形があてにはならない時期だから、次に何をすべきかを考えて、
 あまり先のことは考えず、常に考え直す姿勢が大切。

大局観  自分と闘って負けない心大局観 自分と闘って負けない心
(2011/02/10)
羽生善治
商品詳細を見る

コメント