いったん円高ドル安祭は終わり?

とみんなが感じたせいなのか、世界各国の株価が下落する中、
今日の日経平均、TOPIXがプラスで引けてしまう、という珍しい現象。
最近の日本株は、本当に為替次第って感じだから、
日経平均ドル換算値」のチャートを眺めると、意外と参考になるかも。

このまま円安が続けばいいなぁ、と感じる一方で、

1. 円高になって実は当たり前?
10~20年の期間で考えると、日本はデフレ、その他の国はインフレだった。
「インフレ → 購買力の低下 → 通貨価値の下落 → 円高・他国通貨安」
って流れが一般的のはず。金利差に着目されすぎた過去が異常だったかも。

2. ドルに対してだけ円安になってもね
ユーロは円高のままだし、これからは人民元やブラジルレアルも関係あるし…
通貨分散はこれからどうなっていくのかな? なんかめんどくさいかも(笑)
ところでユーロって、もしかして、通貨安戦略のカードとして、
PIIGS問題を小出しにしているんじゃ…、そんな風に感じるのは私だけかな?