長期の視点を強調するオバマ大統領

オバマ大統領の議会演説の翻訳が、日経で1ページ使って掲載されてビックリ。
就任演説は対訳で掲載されていたし、日本はアメリカの州の1つか???
まぁせっかく日本語で読めたので、注目した点を英語でも拾ってみた。

"We have lived through an era where too often, short-term gains were prized over long-term prosperity; where we failed to look beyond the next payment, the next quarter, or the next election. ・・・ Well that day of reckoning has arrived."

"The only way to fully restore America’s economic strength is to make the long-term investments that will lead to new jobs, new industries, and a renewed ability to compete with the rest of the world."

いずれも、長期の視点を強調した部分なんだけど…。
原丈人氏は、長期の視点で新産業を生み出す力はアメリカにはない、と語る。
たしかに、大統領が名演説で沸かせても、国民がそれを行動に移すかどうか…。
結局は、軍事関連産業だけに長期の視点が残される、ってのがオチかも?