株主の株式買取請求の流れ/会社法116,117条

株主の株式買取請求について、
会社法116~117条の手続きを時系列にまとめてみた。

会社から株主総会の招集通知が到着。116条1項に該当する議案がある。
  ↓
株主は、株主総会の前に議案に反対の旨、会社へ通知(内容証明郵便など)
  ↓
株主総会に出席し議案に反対表明
  ↓
株主総会にて当該議案が可決される
※譲渡制限付与は、株主の半数以上かつ議決権の2/3以上の賛成(309-3-1)
  ↓
会社側が効力発生日の20日前までに株主に通知、または公告。
  ↓
株主は効力発生日の20日前~効力発生前日までに、
買取請求をする株式の数を会社へ通知。
  ↓
株式の「公正な価格」について、会社と株主の争いへ
  ↓
効力発生日から30日以内に協議が成立しない時、
株主または株式会社は、効力発生日から30日後から60日前までに
裁判所に価格決定の申立てをする。
  ↓
会社は裁判所の決定した価格に対し、
効力発生日から60日後の年6%の利息をつけて株主へ支払う