資本金ゼロ円で会社を設立したい!

会社法が施行され、資本金がゼロ円でも会社が設立できるようになった。
そんな話は当然知っていたが、そんな変な依頼に来るお客さんもいないし、
実際に依頼されたとしても、登記を失敗しそうだから、ちゃんと調べたことがなかった。
しかし、事務所の所長が会社を作りたいとのことで、ビックチャンス♪
資本金ゼロやオンライン登記申請など、いろいろ遊んでみることにした。

さっそく資本金ゼロ円設立について、調査を開始するがいきなり関所にひっかかる。
これまでは、会社法計算規則74条1項2号に基づき、
出資金から設立に要した費用を差し引いた額を資本金として登記できた。

簡単に言うと、出資金20万円で定款を作ったけれど、
会社の設立費用として、公証役場に5万円、法務局に15万円支払う必要があるから、
その分差し引いた金額ゼロ円を資本金にしますよ、と設立登記ができたわけ。

でも「会社法施行規則及び会社計算規則の一部を改正する省令」が施行され、
この規定が当分の間使えないことになっていた…。(会社計算規則附則11条5号

つまり、上の例で行くと、資本金は出資金のまま20万円になっちゃうわけ。
もしも、ゼロ円会社の設立を、自分で手続きしようと考えていたり、
依頼を受けた先生方はご用心あれ。過去に出版された本を参考に手続きすると大変。

でも、んなことで、あきらめてなるものか!とさらに調査を進めたところ、
実は裏技があるようで…。うまくできたら、結果を報告するからお楽しみに!

追伸(07/02/24)
法務局では解決できず、法務省まで上げられ検討された、我が登記は失敗に終わった。
今回の登記は、出資金を1円、資本金50銭、資本準備金50銭で申請をして、
登記表示の資本金の円未満は切捨てられる、というところが狙いだった。
しかし、法務省の回答は、会社計算規則第89条
「計算関係書類に係る事項の金額は、
 一円単位、千円単位又は百万円単位をもって表示するものとする。」
で単位に「銭」が出てこないからダメ。
結果、設立時に資本金ゼロは現状不可能、との回答も…。残念。。。