株主優待 会社は交際費、株主は雑所得

株主優待に会社が使うお金は、広告宣伝費と思い込んでいたんだけど、
実は交際費に該当することを今日になって知った。
恥ずかしながら私、税理士事務所勤務。。。
※交際費は会計上は経費だけど、法人税の計算上は経費として認められない

これをきっかけにもっと調べてみたら、副産物発見♪
個人株主にとって株主優待は、所得税の雑所得に該当するんだって。
ってことは、株主優待で受けた利益が多くて確定申告で納税!なんてことも。
※サラリーマンなら給与以外の所得が20万円を超えると確定申告必要

コメント

  1. 空色 より:

    私なんて、株主優待の費用は利益処分だと思っていました・・
    株主優待が雑所得だとすると、所得の低い人は配当より優待の方がハッピー、所得の高い人は優待より配当の方がハッピー、となるんでしょうか。
    それにしても、株主優待が目的で投資する人は気にならないんでしょうが、株主優待は通常、保有株数が少ないほどCPが良いので、集中投資を基本とする私としては面白くありません。
    というか、株主優待に回す金があるなら事業への再投資か配当に回せ、と思います。お米券なんてもらっても全然嬉しくない・・

  2. まろ@管理人 より:

    株主優待といえば、TUTAYAのCCCが素晴らしかった。
    9万円で1単元買えて、年2回5000円のレンタルクーポンが株主優待。
    これをレンタル半額の日に使いまくって、
    年間20000円分のCDを借りられた時期が2年くらいあった!!
    この株主優待は最高でした!

  3. staygold より:

    配当金みたいな現金でなくても、物でも税金かかるんですか?(株主側)
    知りませんでした。

  4. まろ@管理人 より:

    よく株主優待について読むと、「○○円相当」と書いてあるから、
    この金額を元に雑所得を計算せい、ってことかもしれません。