個人向け国債から外国人向け国債へ?

メールを受信したところ、いつもよりメール数が多い。
ファンレターか?と思ったが、証券各社の「個人向け国債募集開始」メールだった。
ボーナス時期のおなじみになったね。

国債といえば昨年、株価上昇にみなが浮かれる中で、財務省に戦慄の動きが…。
財務省の官僚が、世界の投資家を訪ねていって、日本国債のIR活動を行った
そんな記事があったのを覚えていないだろうか?
とうとう、海外の投資家にも買ってもらわなければいけないほど借金が?!

日本の借金の多さを馬鹿にして、「日本紙幣<トヨタの株券」を唱える私だが、
国債が日本国内で消化している分には、何の問題もないと思っている。
日本人は低金利をなんとも思わず、郵便貯金・銀行預金を通じて、
もしくは個人向けで直接、国債を買ってくれるから。

でも海外の投資家に買っていただくには、
他の先進国の国債との比較で、魅力がなければ買ってもらえない。
国内の景気とは関係なく、金利を引き上げざるを得ない状況もあるんじゃないかと…。
そうすると、経済学のことはあまり分からないけど、悪いインフレってのがくるのかな?