Jリーグ・観客来ても選手が来ない

2007年のJリーグ年間入場者数が過去最高となり、
1試合平均ではイタリア・セリエAを抜いて世界5位になった。
※Jリーグ以外は2006-07シーズンのデータ。(セリエAにユベントス不在)

1試合平均総入場者数
ブンデスリーガ37,64411,518,923
プレミアリーグ34,36313,058,115
リーガ・エスパニョーラ28,83810,958,440
リーグ・アン21,8188,290,346
Jリーグ1部19,0815,838,771
セリエA18,4737,019,740

Jリーグ開幕当初の1試合平均19,598人(1994)に近づき、
観客数だけはバブルと言われたあの頃と変わらない水準。
でも、トップクラスの外国人選手の来日はなくなった。
やはり弱い円の影響か…。日本円で給料もらうのは損だよね。
 ※ ストイコビッチ引退時(2001年7月)は1ユーロ=107円
Jリーグにトップクラスのアタッカーが来なくなってから、
日本代表の1対1での守りが年々弱くなっている気がする。
サッカー界がどう頑張っても、通貨が壁ならあまりに悲しすぎる…。

コメント

  1. とよぴ~ より:

    あけおめです!
    ドイツ・イングランド・スペインは完全に別格ですね?
    このデータは自分にとって意外な結果でしたよ?
    イタリアがフランスや日本に観客動員で負けるなんて・・・って幹事です。
    やはり八百長とかで某人気クラブがセリエBとかCに落とされた影響もありそうですかね?
    東欧や南米には10万人収容のスタジアムがあっても平均でJリーグに劣っているあたりは経営で見たら日本のサッカーは健全でしょう。
    サッカーの欧州バブルがはじけたらJ1や他のアジアリーグ(CとかKとかO)に選手が流出する可能性は多いと思います。
    肝心なのはその時の通貨の強さですかね?(笑)

  2. まろ@管理人 より:

    たしかにセリエAは2006-07年だからユーべの影響が大きいでしょうね。
    これはちゃんと記事に付け加えておきます。
    投資でバフェットさんみたく成功して、クラブのオーナーになって、
    最後はサッカー協会の会長になりたいなぁ(笑)