サッカー世界一になりたい人だけが読む本

サッカー選手を筋肉から解剖した、とっても珍しい本。
しなやかな筋肉こそワールドクラスの証であり、
身体能力の真の高さとは、ゆるゆるにゆるんでいること、と説く。
しかし近年期待された中田、小野、中村はトレーニングの方法を誤り、
年齢とともに筋肉が堅くなり、それにともない怪我も増え、下降線。。。

たしかにそういわれて見ると、いろいろと心当たりがある。
全盛期のマラドーナはゴムまりみたいに弾んでた。
靭帯ボロボロでもやわらかいタッチで我々を魅了したロベルト・バッジォ。
そして、ロナウジーニョのエラシコはゆるゆるにやわらかい証。

また、幕末の日本人は世界最高の身体能力を誇った話も出てきて面白い。
(欧米の知識人は、人力車などにとても驚いたそうな)
ゆるゆるトレーニングなんてのも載ってるから、試してみようっと。

サッカー世界一になりたい人だけが読む本―RELAXED SOCCER サッカー世界一になりたい人だけが読む本
―RELAXED SOCCER

高岡 英夫、松井 浩 他 (2007/02)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る