ミラバケッソCMを追っかけ中

今月はじめのエコプロダクツ2010(環境展示会)で印象に残ったこと。
クラレのブースに社会科見学で来ている小中学生が吸い寄せられていく。
もちろんお目当ては、ミラバケッソCMでおなじみのアルパカ人形。

2007年10月に株式市場での所属業種が繊維から化学にきっかけで、
化学メーカーをアピールすべく11月に始まったのが「ミラいにバケる新ソ材」CM。
クラレの売上高構成比の推移を見ておくとこんな感じ。※グラフで見る歴史を加工
クラレの売上高構成比推移

当時のニュースリリースを読むと、このCMには化学メーカーとしてのPRのほかに
将来当社を担っていく若い世代の当社認知度を向上させることを主眼に今回のCMを制作・放映することとしました。
といった狙いがあり、大成功の企業広告キャンペーンと言えそう。
※20代の認知度が約80%に高まり、採用エントリーが増えたとのニュース

CMを追っかけるのも、なかなか面白い♪
明日25日から、新シリーズ「トラベル篇」が流れるらしいよ。
以下に過去のCM動画を収集中。


2007年11月~「電車篇」 ☆ニュースリリース
 まずは「ミラバケッソ」って言葉をPR。

2008年8月~「クラレちゃん登場篇」 ☆ニュースリリース
 アルパカ登場。「ミラバケッソ=クラレ」がポイント。

2008年12月~「お守り篇」 ☆ニュースリリース
 モノだけでなくヒトも未来に向けて化ける。

2009年8月~「ナニモノ?篇」 ☆ニュースリリース
2009年12月~「リコと少年篇」「終わり或いは始まり篇」 ☆ニュースリリース
 映画の予告編仕立てで、「ミラバケッソ」「クラレ」「化学」をPR。

2010年8月~「ランチミーティング篇」 ☆ニュースリリース
 外国人ビジネスパーソンを登場させ、グローバルな印象を。

※直近のCM動画は、ミラバケッソ・キャンペーンサイトに掲載中

コメント

  1. baboocon より:

    成海璃子さん好きでCMもけっこう気に入ってます(笑)
    「若い世代への認知度向上」そういう目的もCMに込められるんですね。テレビの影響力に陰りが見えてきたといっても、こういう広告はまだインターネットには負けてないですね。

  2. まろ@管理人 より:

    うまくいってるTVCMをいろいろ追っかけるとおもしろそう。
    ちなみにこのCM、当初は若者を狙ってサッカー日本代表の放送に力を入れていたようですが、若者の認知度がある程度上がった段階で、「ガイアの夜明け」のCMに力点を移してきたみたい。