少数株主持分が悲しい決算書

特に2007,2008年。少数株主持分を差し引いたら赤字になるという惨事。
連結対象の子会社でも100%株式を持っていないと、こういう悲しい出来事が…。

例えば、株式を80%持っている子会社の当期純利益が1,000万円の場合、
親子のP/Lを合算した後で、税引き後当期純利益から200万円(1,000万円×20%)
は他の株主の持分だから差し引かないとダメよん、ってこと。

そして、上記のデータは日立製作所のものでした。
こんなとこからも日立のグループ資本政策ってどうなのよ?って分かる。
※関連記事…日立・NECが巨額赤字に転落する真因(日経ビジネス)

コメント

  1. たまに見掛けますね、こういう会社…。
    僕の持っていた新興銘柄も前期少数株主利益を引いた税引後利益が赤字でした(涙)

  2. まろ@管理人 より:

    コメント頂いた後に、なぜかアップの際抜け落ちた最後の2行が加わっています。日経ビジネスの記事も併せてご覧下さいませ。