未来学は存在しなかった

この春の投資ブログとしてのクライマックスを振り返ると…

こうして投資ブログとしての6年間に幕をおろしたのだった。
何がそんなに悲しかったのか、今までうまく表現できなかったけど、
武田邦彦教授のコラム「学問で判っていること」の一文に…これだ!

学問は未来に対して無力です。せいぜい「過去のことを必死になって説明する」ことができるだけです。それが人間の頭脳の限界なのでしょう。

未来学が存在し、それを使って創造的なことができると信じてた。
でも、私が目の当たりにしたものは、過去を論理や統計で整理・解析し、
未来も同じことが起こる前提のもとで、千里眼をふるまう世界だった。

その反動で、はじめから未来なんて考えない、歴史・文化の方面へ傾倒。
でも、今のままじゃダメだよね、って心のどこかでひっかかってる。
人生に期待するのはやめて、人生から何を期待されているのか考えたり。

もう二度と出会えないかもしれない熱い想いを失い、ひどく落ち込んで…。
それでもなんとか前に進む過程で、ふいに心に灯がともる日が来るだろう。
大切なのは、しなやかに生きる、ということかな。

コメント