クラシックは1970年代以降の録音ものを

最近、クラシックのCDってどんなの買ったらいいの?って
たまに聞かれるようになり、あぁ世の中変わったな~とつくづく思う。
私が中学・高校頃、カラオケボックスが流行っていて、
「あたしゃクラシックしか聴かないから、歌謡曲なんぞ分からん!」
と言ってよくシラケられていたもの。

とまぁそんな話はさておき、私はそんなに詳しいわけではないけれど、
クラシックCDは1970年代以降に録音されたものを買うことをお薦めしたい。
この奏者・指揮者が素晴らしい、と語る以前に
音質が良くなければどうしようもない、っていうのが私の意見。

非難されるかもしれないけど、もうちょっと続けると…。
交響曲は、ベートーヴェンの3,5,7が特に好きで、
指揮者が異なるCDを何枚か持ってるんだけど、
音楽評論家が決まって絶賛する、フルトヴェングラー指揮のCDはちょっと。。。
1950年代のあの録音状態で「雄大なスケール」とか語れるのか???
きっと生演奏を聴いたから絶賛してるのだろう。CD買う参考にするのは無理。