クライバー指揮・ベートーヴェン交響曲第7番

先週、左のメニューバーのお薦めの逸品変えたの気づいた?
カルロス・クライバー指揮の「ベートーヴェン交響曲第7番」のライブCD。
昨年、ドラマ・のだめカンタービレのオープニング曲として有名になったけど、
クラシック好きにとっては、ついにこの演奏がCD化されたってことで有名かも。

この演奏は、1983年のカール・ベーム追悼コンサートで録音されたもの。
このコンサートでは、ベートーヴェン交響曲第4番と第7番が演奏され、
第4番の方はその後、レコード・CDで発売され、名盤中の名盤として超有名。
でもなんでか分からないけど、第7番の方は一向に発売されることなく月日が流れた。
2004年にはクライバーも亡くなくなってしまい、私の記憶からも消え去った。
のだめのおかげで思い出し、調べてみたら…、なんと昨年5月に発売されていたのだ!!

以来、やっぱクライバー指揮のベートーヴェンはカッコいいな~♪とご機嫌で聴いている。
クライバー指揮ならウィーンフィル演奏CDの方が録音状態はいいけれど、
こっちをお薦めしたい。(でも期待しすぎたせいか、第4番ほど感動的じゃないかな)

ベートーヴェン:交響曲第7番 ベートーヴェン:交響曲第7番
クライバー(カルロス) (2006/05/24)
キングインターナショナル  この商品の詳細を見る