よいお年を

今年は株価がずいぶんと上昇したものだね。
結局、夏頃たくさん買ったキヤノンを最後に、大きな買い物はできなかった。
私が投機家から投資家へと歩み始めたのが、
税理士試験の財務諸表論を勉強始めた2002年の秋頃で、
今年の春くらいまでは何を買っても安かったから、ぬるま湯につかりすぎたのかも。
ただ今後は、割安というよりも割高な値を付けられた企業の方が、
見つけやすくなるような気もするから、来年は信用売りにも挑戦してみようかな。

このブログは今月、アクセス数が8,000を超え、
紹介している本を買ってくれる(紹介料5%程度が私のもの♪)方が増加傾向。
支持してくれる方が増えているということは、
投資家として正しい道を歩んでる証であると、勝手に喜んでいます。
なんせ、ここの記事のほとんどが、投資に対する考えを教育する手段としての、
私から私への手紙みたいなものなんだから。

来年も共に学びましょう!

コメント

  1. staygold より:

    割安で安心して買えるような銘柄が、日経平均の上昇と共に、どんどん減っていくのを私も感じてます。
    また来年も、まろさんの独自の視点による記事楽しみにしています。バシェットさんの手紙の翻訳も。