インフレはどうやって投資家をだますか by バフェット

約1ヶ月前にこの記事を書いたところ、翻訳してくれた方が現れました。
ありがたく読ませていただきましょう。→Blog:一枚の株券の向こうに


1977年5月にバフェットさんがFortune誌に寄せた記事、
"How Inflation Swindles the Equity Investor" と出会った。
面白そうな感じだけど私の頭はオーバーヒート。英語が得意な方に捧げます。

とりあえず問題点は、
"The central problem in the stock market is that the return on capital hasn’t risen with inflation."
(株式市場における主要な問題はROCがインフレと共に上昇していないこと)
"return on capital"はwikipediaによると、"In economics, return on capital, also known as return on invested capital"
ROIC なら知ってるぞ。(→大津広一「会計指標入門」第3章にも掲載。)

その後、長すぎてギャボー!と一気に最後まで飛んで、
"Stocks are probably still the best of all the poor alternatives in an era of inflation – at least they are if you buy in at appropriate prices.”
(それでも消去法で選択すれば、おそらく株はインフレ時代の最良の選択肢。ただしあなたが適正な価格で買えば、の話だけどね)

とせっかくのバフェット師匠の文章なれど、この程度でダウンしたのでした…
おまけで過去記事「バフェットさん、インフレ防衛法を語る」もど~ぞ。