バフェットからの手紙2000/P14 一部翻訳

バフェットさんは2000年の手紙の中で、
ITバブルをシンデレラの物語に例えて語っている。

ほとんどの投資家が勝利に酔いしれた後、シンデレラの舞踏会と同じ現象が起きることを賢明な投資家は知っています。宴に長居すると、すなわち、将来CFに対して過大評価されている会社に投機し続けると、やがてはかぼちゃとネズミに戻される、ということです。にもかかわらず、軽薄な投資家はこの魅力的なパーティーのたった1分を逃すのを嫌います。皆、真夜中になる1秒前に出ようと企んでいるというわけです。彼らには時計を持たずに踊っているという問題があります。
バフェットからの手紙2000年版 P14・2段目を抄訳

シンデレラの世界では日付が変わると同時に魔法は解ける。
しかしマーケットにおいては、魔法が解ける時刻は分からない。
日本株が急騰し、誰もが勝利に酔いしれた2005年。今後は…
でも、過大評価されているかどうかの判断は難しい。 
バフェットさんですら売却することはできず、後に後悔してるからね