投資と心の時計[改訂版]

チャートの両端をつかんで、ぎゅーッと引っ張って、直線にしたとする。
そうしたら、左側の方が長くなりそうな気がする。
投資家が感じる時間の長短は、株価が動いた距離に比例するのかも。
--ここまでが09/09/17に書いた文章--


「長くなりそうな…」で終わらせるには、もったいない気がしたのでちゃんと計測。
前日比の値動き合計だと、前半が2987.38、後半が1487.11。
1日の値幅(=高値-安値)だと、前半が4677.52、後半が2401.74。
なんとなく、ではなく実際に長かったのだ。それも倍近く!

長期投資の"長期"は時間の長さなのかな? 株価が歩んだ距離かも??

コメント

  1. 株価変動が急激な間は、それだけ投資家の心理も激しく揺さぶられた訳ですね。
    なんだか妙に説得力があるように思えます。

  2. とよぴ~ より:

    これがリーマン後からではなく中国発世界同時株安あたりからザックリやると・・・えらい長い(笑)
    投資家の心がどこを始めの基準にするかで長さが決定するのかもしれませんね
    リーマンショック時が十分下がった株価がさらに暴落を開始してしまったって感じるのか?
    高すぎて買えなかった株式投資がそろそろ買えそうな水準に来たなぁ~って感じてのリーマンショック到来か?