両立できない投資の目的3分類

株式投資をする目的には、一般的に次の3パターンに分類できるかな。
そして、2つ以上の目的を同時に達成することは、極めて難しい。

1.貧乏を嘆きながら死んでしまう可能性を減らしたい
2.大金持ちになれる可能性を追いかけたい
3.とにかくゲームを楽しみたい

もう一度繰り返そう。上記の目的を両立することは不可能に近い。
両立しているつもりの方は、早晩それが勘違いであることに気づくはず。
気づかないで一生終えてしまうなら、奇跡の投資家なのだろう。
なんて具合に、ビギナーズラックっぽい初心者をイジメてきた(笑)

ちなみに、私のイメージでは、
 1.は給与積立てで、コストに気をつけて分散投資。
 2.はタイミングを計ってドーンと個別株に集中投資。
 3.はデイトレーダー。
って感じ。

コメント

  1. ダモ より:

    私が、株と投資信託を始めたのは、0金利に「もう我慢なんねっ」て(笑)思ったから。元金を絶対減らしたくないので、1番の分散(給与積み立てではなく、ボーナス2回分でしたが)&お遊び要素を少し入れてゲーム性も。これは、「同じ会社の株は2回買わない」でコンプリート感覚を入れています。

  2. まろ@管理人 より:

    ふぎゃ。コンプリートしちゃいましたか。
    なぜか「コンプリート」って言うマジシャンを思い出しました。
    そういえば「サプライズ」って言う人もいましたねぇー。
    昔は「キテます、キテマス」だったのに、
    いつの間にマジシャンの掛け声が英語になったのでしょう???
    うーん。。。どうでもいい疑問でした。

  3. 空色 より:

    すいません、続けてコメント。
    私の分類では、株式投資は
    ・ゆっくりお金持ちになりたいパッシブ投資派
    ・市場に勝ちたいアクティブ投資派
    の2分類です。最近、(いわゆるバリュー)投資家とトレーダーってお互いに相手を否定しがちですけど、損益が顕在化するまでに要する時間が違うだけで、根っこのところは対して変わらないんじゃないかと思っています。

  4. まろ@管理人 より:

    空色さん、とっても不思議なんですが、
    「損益が顕在化するまでに要する時間が違うだけ」
    って私がデイトレーダーだった時の言い訳だったんです。
    根っこは絶対に同じじゃありません!!
    仕事もせず、平日昼間にPCの画面に貼り付いてる…、
    1年弱ですが、お金は増えても人として成長のない、
    今振り返ればバカな時間を過ごしたものだと。
    それにあのまま続けていたら、大きなチャンスを逃すところでした。