含み益の株は売る?売らない?

私がブログを始めて世の中に貢献したな~と思うこと。
今年になって知り合いに株式投資を始めたって人が増えたこと。
だいたいみんな5月のGWか6月のボーナスあたりで、株を買い始めたので、
今一番多い質問は、「そろそろ売ったほうがいいの?」だ。

今保有している株が全部マイナス、という人はまずいないはず。
いるとすれば、短期売買のしすぎか、
自分の信念なしに、マネー雑誌などからの情報で株を買ったかのどちらかだろう。

プラスとマイナスのものが混在している。このパターンがほとんどのはず。
この場合「売ったほうがいいの?」との対象は、プラスの株だろう。
それはやめよう。売るのならマイナスになっている株だ。
上昇相場の中でマイナスになっている株には、
出遅れているだけでそのうち上がるから持っておこう、とい悪夢の心理が働く。
それはまずない。この先マーケット全体が下降した場合、さらに傷が深くなる。
いますぐに損切りだ!

問題は現時点でプラスになっている株。
買った当初は、いくらで売ろうと考えていたか思い出して欲しい。
その価格はすでに超えたのか?
弱気になって少ない利益で売ろうとしてないか?
今後も成長が見込まれる会社なら、一時的に割高になっても持ち続けるべき。
将来性のある株を、少し割高かな?と売ってしまうのは、
投資における最悪の失敗例の一つと言える。

ただし、買った時の株価まで下落するとの予想であれば売却を。