投資の意志決定にCSRレポート

企業に興味持ったら、まずはCSRレポート読んでみて、ダメそうだったら、
株価や有価証券報告書も見ずに、バッサリ斬り捨てる。そんな試みを模索中。
そうすれば、投資家として未来への責任とリターンの両方を追求できないかなと。

ちょうど指定の8社のCSRレポートを比較して順位付け、って課題があったから、
うまい点数付けの方法がないか、1ヵ月ほどいろいろ考えていた。
まだ未完だけど、課題の提出には↓こんな方法で評価。※クリックで全体像

03bb79a0.gif

CSRレポートってちゃんと読んでみると意外とおもしろくてね。
・環境配慮の活動から新製品・商品の芽が出てたり
・冒頭の社長のメッセージと活動内容がうまくマッチしてるか
・国際的な枠組みに参加しているかどうか
など、明確な記載の基準がない分、財務諸表より個性があっておもしろい♪

CSRレポートだけで、ダメな企業はすぐに分かりそうな感触があるけど、
まだハッキリとは分からない。40,50社分読めば感覚つかめるかな。

コメント

  1. baboocon より:

    CSRレポートを投資判断に利用というのは面白いアプローチですね。
    継続企業としてどうかをみる際に、財務以外の面は有報などでは掴み切れないことが沢山ありますし…。僕もCSRレポートを発行している企業を少し調べてみようかな…。

  2. タワーブリッジ より:

    これは新しい視点!
    投資に関する本をいろいろ読みましたが、CSRレポートに触れていたものは、なかったように思います。
    決算短信等と同じIR情報にも関わらず、どうして見落としていたのだろう。

  3. まろ@管理人 より:

    せっかくIRの資料の一部なんだし、活用したもの勝ちだと思います。数字だけだと、なんか味気ないですしね。