SRIファンドの投資基準

SRIファンドってどんな基準で投資してるのかな?とふと思い、

日本で初めてのSRIファンド(2000年9月設定)
 朝日ライフ SRI社会貢献ファンド 「愛称:あすのはね」
預かり純資産が一番大きい(現在約220億円,2003年12月設定)
 住信 SRI・ジャパン・オープン 「愛称:グッドカンパニー」

の2つの資料を眺めてみた。結論から言うとよく分からなかった。
最近個人的に興味がある、ESG投資の話には住信の方が近いのかな?
まぁこの手のファンドが、常態的にTOPIXを上回ってることを素直に喜びたい。

ちなみに、住友信託銀行がCSR活動ページに掲載している
日本においてSRIを普及させるには何が必要か」ってレポートがおもしろい。


朝日ライフSRIファンド
投資哲学4ヵ条
1.ビジネスを通じて、社会的課題に積極的に取り組んでいる企業に、長期投資を行います。
2.社会的な理念と優れた競争戦略のリンクが収益ドライバーになると考えます。
3.「成長の限界」を乗り越えて行く事業を発掘します。
4.自然環境の保全、社会的公平、新しい雇用を生み出す活力ある経済を同時に実現する社会を目指しています。

調査体制
…企業の社会への貢献度については、ヴィジオ・ベルギー社の協力により、企業の行動に影響を受ける人の立場から調査。

※信託報酬の一部(純資産の0.1%)を、社会的課題に取り組む団体に寄付
☆対TOPIX(基準日09/12/18)…設定来+16.6%、2009年+21.7%


住信SRIファンド
ファンドの特徴
1.わが国の株式のうち、CSR(企業の社会的責任)に積極的に取り組んでいる企業に投資します。
2.企業の社会的責任は、「法的責任」「社会的責任」「環境的責任」「経済的責任」の四つの評価軸から、多面的に評価します。

調査体制
…日本総合研究所が「法的責任」「社会的責任」「環境的責任」の調査・分析を行い、住友信託銀行が「経済的責任」の調査・分析を加味して、投資候補銘柄を選別。

☆対TOPIX(基準日09/12/18)…設定来+2.53%、2009年+6.58%