世界の主要都市のCO2削減目標

来年4月に施行される東京都環境確保条例(改正版)。
東京都は政府より動きがぜんぜん早く、排出量取引制度の導入も決めている。
都のウェブページ上に情報が大量にあって、全体像がうまくつかめないけど、
REITには影響がありそうだし、私たちの働き方すらも変えるかもしれない大変革。
※オフィスでのCO2削減目標をクリアするため、在宅勤務が急増するかも?

東京の温室効果ガス削減目標は、
2002~2007年度のうち、いずれか連続する3年間の平均値を基準として、
2020年度までに25%を削減する
、というもの。

世界の主要都市ではこぞって削減目標をかかげており、

ロンドン2025年までに1990年比で60%削減
パリ2050年までに2004年比で75%削減
ニューヨーク2030年までに2005年比で30%削減

現在中のCOP15では、国同士の利害調整でうまくまとまらなそうだけど、
都市単位では、エネルギーの最終需要者である大都市を低炭素化することが、
都市の競争力を高めることにつながるんだ!と未来が読めているのかもしれない。