大津秀一氏の講演メモ

2ヵ月前にお薦めの本として紹介した「死ぬときに後悔すること25
の著者、大津秀一氏の講演会に参加。(おとといテレビ出演していたらしい)
※主催者の清話会さんのご厚意で無料で受講させていただきました。感謝です。

古今和歌集に残された在原業平の和歌
 ついに行く 道とはかねて 聞きしかど 昨日今日とは 思わざりしを

昨年1年間で亡くなった人は1,142,407人。100人に1人は亡くなっている。
現代は病院があるから死を目の当たりにすることが少ないが、
在原業平が詠ったように、私たちが思っているよりも死は近くにあるもの。

では死ぬときに後悔しないためには、どうすればいいのか?
・後悔しないように生きること
・今死んだら後悔することを考えること
・自分のやらなければいけないことリストの作成
とごく当たり前のことでしかない。

これに関連して、スティーブ・ショブズのあの有名な講演も紹介された。
"I’ve looked in the mirror every morning and asked myself: "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something."

最後に結局は人それぞれの心しだい、と和泉式部の和歌でシメ。
 暗きより 暗き道にぞ 入りぬべき はるかに照らせ 山の端の月
※大津氏は「山の端の月」を自分自身の心と読む


人生は1度きりしかないし、いつかは終わりがきてしまうもの。
そう分かっているつもりでも、いつの間にか忘れてしまっている。
そんなダメ人間の自分を戒めるべく、「徒然草」を繰り返し繰り返し読む日々。

「無常の身に迫りぬることを心にひしとかけて、束の間も忘るまじきなり。」(49)
「寸陰惜しむ人なし。これよく知れるか、愚かなるか。」(108)

また最近は、仕事辞めてまで大学院へ進んでしまったことに、
ちょっとこれ、ものスゴイ地雷踏んじゃったんじゃない?って後悔もあり…。
このまま30歳前後で隠居した吉田兼好と同じ道を行くのは、まだちょっと(笑)
とりあえず、やらなきゃいけないこと、やりたいことの整理を今すぐはじめよう。


スティーブ・ジョブズ伝説の名講演(スタンフォード大学卒業式2005年6月)


スピーチの原稿はこちら


死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた死ぬときに後悔すること25
―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた

大津 秀一
商品詳細を見る