日吉屋の和傘が気になる

日経ビジネスの「【隠れた世界企業】和傘の技術、欧州を照らす」で、
江戸後期創業の日吉屋、という京都の和傘屋を知った。これはいい!

SINARU・WAGASA”がステキで、ぜひこれからの梅雨の時期にさしたい。
と思ったけど、注文殺到でパンク状態。いいものは高くても売れるんだね。
代わりに和紙の日傘を買おうかなと思ったけど、携帯性にやや難があり、
近所をお散歩するときくらいしか使えなそうで、そこがちょっとつまらない。

でも日本の伝統工芸が現代風に進化して世界で認められてる姿、いいなぁ。
不思議なもので、大学院に通ったことで私が一番変わったところは、
もっと日本を大切にしたい、そして日本の伝統工芸を応援したい、という想い。

私は器用じゃないから、「じゃあ跡を継ぎましょう」なんてことは言えないけど、
商品を買ったり、こうしてブログに書いて、まだ知らない人に伝えたり…。

変化のスピードがどんどん速くなる現代。
変わりゆく世界を素直に受け入れ、楽しむことができたら、幸せ。
でもその中で、変わらないものを見つけることができたら、もっと幸せ。