生活必需品と医薬品はアメリカの得意分野かも?

この前調べた、ビジョナリーカンパニーとS&P500の比較を眺めてふと思う。
アメリカは「人種のるつぼ」だから、アメリカの企業が作る生活必需品や医薬品って
普通に世界のどこへ持って行っても、簡単に売れるような気がする。

そこで、日本とアメリカの企業の株価リターンを比較してみると、

1年5年10年
Procter & Gamble-17.74%+16.63%+33.29%
花王-23.51%+9.41%+3.68%
Johnson & Johnson-15.38%+13.85%+43.60%
武田薬品-33.85%-2.09%+2.94%
まぁなんとなく、そうかもしれないねぇ。