村上春樹インタビュー集 1997-2009

村上春樹さんの本は一冊も読んだことがないのに、なぜか手に取った。
本を書いて何かを伝える、ってどういうことか、ヒントがありそうだったから。

想像力は誰でも、たぶん同じように持っているものです。・・・誰でもきっと自分の想像世界を魂の中に持っているはずです。しかしその世界へ行き、特別な入り口を見つけ、中に入って行って、それからまたこちらにもどってくるのは、決して簡単なことではありません。僕にはたまたまそれができた。」P89

自分をとことん掘り下げて、キラリと光る何かを見つけてもどってくる。
クリエイティブは、自分の外側ではなく、内側から生まれるってことだね。
この間、出版社の方と話したときも、同じようなことを言われて、にゃるほろ。

私にもうまくできるかな?
少し不安になるけど、知らないうちにできていることが1つだけある。
「本人のキャラクターが、ブログから感じられる人物像とピッタリ合う」
と珍しがられることが多いから、自分の心を素直に表現できてるみたい。

でも、まだまだ掘り下げ方は足りない。スコップ持って探しに行こう。
去年みたいに、必死に何かを探し求めているときに、
本当に偶然、自分が探している以上のものに出会えるかもしれないから。

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです
(2010/09/29)
村上 春樹
商品詳細を見る

コメント