大津秀一「死ぬときに後悔すること25」

著者は終末期医療の専門医。33歳にして1,000人超の死を見届けるとは…。
医者の友人はいないので、この数字が多いか少ないか、私には分からない。
ただ、文章に年齢以上の大きなものを感じさせられる。2歳違いだから余計に。

あれこれ後悔しながら死にたくないものだよね。
とはいえ、一点の曇りもなく最期を迎えるなんてことも不可能に近いだろう。
でも、先人が遺した後悔を胸に刻み、がんばって生き抜くことができれば、
人類の心の発展につながるかも♪な~んておおげさに、前向きに生きてみたい。

25の後悔。心に響くものがきっと見つかるはずだよ。
 1. 健康を大切にしなかったこと 2. たばこをやめなかったこと
 3. 生前の意思を表示しなかったこと 4. 治療の意味を見失ってしまったこと
 5. 自分のやりたいことをやらなかったこと 6. 夢をかなえられなかったこと
 7. 悪事に手を染めたこと 8. 感情に振りまわされた一生を過ごしたこと
 9. 他人に優しくしなかったこと 10. 自分が一番と信じて疑わなかったこと
 11. 遺産をどうするか決めなかったこと 12. 自分の葬儀を考えなかったこと
 13. 故郷に帰らなかったこと 14. 美味しいものを食べておかなかったこと
 15. 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと 16. 行きたい場所に旅行しなかったこと
 17. 会いたい人に会っておかなかったこと 18. 記憶に残る恋愛をしなかったこと
 19. 結婚をしなかったこと 20. 子供を育てなかったこと
 21. 子供を結婚させなかったこと 22. 自分の生きた証を残さなかったこと
 23. 生と死の問題を乗り越えられなかったこと 24. 神仏の教えを知らなかったこと
 25. 大切な人に「ありがとう」と伝えなかったこと

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた死ぬときに後悔すること25
―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた

大津 秀一
商品詳細を見る

※追伸大津秀一氏の講演会に参加(09/11/17)


25の後悔のうち、これは無理だな困ったな、と思うのは、
 18 記憶に残る恋愛をしなかったこと、19 結婚しなかったこと
すでに1年間に5分くらいは後悔。歳とともにその時間が長くなるのかもしれない。

日本人の初婚平均年齢は、男性30.2歳、女性28.5歳らしい。
なるほど気がつけば、知人・友人のほとんどが結婚しているか、結婚間近の状態。
3日前も親友の弁護士からサプライズな結婚報告。(いつの間にそんな発展が?)
でも、周囲にそんな光景が広がっていても、あまり心を動かされることもない。

人生は光のあて方によって、輝いたり、影ができたりする月のようなものなんだ。
太陽のみたいにどこから見ても、光を放ち続ける人生なんてありえない。
光あるところに必ず影がある。気の持ちようで、どちらかが大きく見えたりもする。

人は決して自分で思うほど幸福でも不幸でもない」by ラ・ロシュフコー

後悔したところで仕方がない、って言えるのも元気なうちだけなのかな?
若干不安がよぎるけど、せっかちな時代の空気が変わってくれないと無理だな。