2008年に売れた本。もはや投資のブログではない?

rennyさんNightWalkerさんのブログで同様の記事を見かけたので、
私も試しにブログ経由で売れた本を調べてみて、ちょっとビックリ。

  1. ハンディーカーネギー・ベスト
  2. 21世紀の国富論
  3. マーベリック・カンパニー
  4. バフェットの教訓
  5. 日本でいちばん大切にしたい会社
     ※ブログ内の紹介記事へリンク

毎年春に紹介するデール・カーネギーの本が抜群の人気。
21世紀の国富論は2007年の推薦図書だったけど、2008年夏に作者の原丈人さんが
フジテレビで特集されて以来、紹介記事にアクセスが増えて、本が売れたみたい。
マーベリック・カンパニーは、21世紀の国富論と一緒に推薦してた本で、
エコノミスト誌の2006年度"Books of the year"。2008年度はこちら

ちなみに、私が2008年に読んだ本で推薦したい本ベスト3は、

  1. 中野孝次「清貧の思想」
  2. 坂本光司「日本でいちばん大切にしたい会社」
  3. ラッセル・ロバーツ「インビジブルハート」

こう並べていくと、私のブログのジャンルって本当に「投資」なのかいな?